131億光年の彼方に最遠の銀河を発見

画像では青い染みのようにしか見えないが、EGS-zs8-1銀河は地球から約131億光年の彼方にあり、ビッグバンから7億年以内に形成された。この銀河までの距離を厳密に測定できたことは、天文学者にとっては技術的快挙である。(PHOTOGRAPH BY PASCAL OESCH AND IVELINA MOMCHEVA, NASA, EUROPEAN SPACE AGENCY VIA AP)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー