洞窟の壁を登るナマズを発見、アマゾンの鍾乳洞で

既知の種による未知の行動か。進化途上の可能性も

2015.05.11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Video courtesy Aaron Addison and Geoff Hoese

 アマゾンの熱帯雨林の地下深くで、洞窟の壁を登る魚が発見された。

 エクアドルのテナの近くにある鍾乳洞を探検していた科学者らのチームが、地下水流から3mほどの高さにあるほぼ垂直の岩壁を、重力に逆らって登る姿を撮影した。

 同チームは、この魚を「プレコ」の名前で観賞魚愛好家に親しまれるロリカリア科のナマズの仲間(学名:Chaetostoma microps)であると同定し、4月16日付『Subterranean Biology』誌に発表した。

 ただし、この同定はまだ完璧ではない。同調査チームは洞窟内で動物の標本を採取する許可を得ていなかったのだ。これまで C. microps が記録されたのは、地上の川でのみ。そこでは岩にしがみついていた(参考記事:「こうしてハゼは滝を昇るようになった」)。

 壁を登る魚は目新しくないものの、洞窟を登る魚は、タイのドジョウ Cryptotora thamicola しか知らないとジェフ・ハウス研究主任は言う。

 この魚は、急流や滝を登ることはできるが、「ここで見られるような、本流から外れた洞窟の壁」に適応できるのかは疑問だ。

 ハウス氏らが観察した C. microps は、地下の小さな支流の水が流れ落ちる洞窟の壁をよじ登っていた。

75度の壁を登るナマズ。水圧と口および肌の構造を利用して、壁に貼りついていると考えられる。(Photograph by Geoff Hoese)
[画像のクリックで拡大表示]

 テキサス州オースチンをベースとする博物学者で洞窟学者のハウス氏によると、この驚くべき能力は、「ひれ、肌、口という多くの体の構造が改良されている」ことによる。

「魚が壁を登ると、薄い水の層が体の上側を流れ、壁にくっつく方向に圧力が生じます。さらに、これらのさまざまな体の構造が、滑り落ちるのを防ぎます。おかげでこの魚は、ビデオにもあるように、体をくねらせて上にも下にも動くことができるのです」

遠出中の魚?

 洞窟を登ることが新たに発見されたこの魚で不思議なのは、地下での生活に適応していないように見えることだ。たとえば、洞窟に住む魚は無色で盲目であることが多いが、この魚はそうではない。

 では、 C. microps は暗闇の地下でいったい、何をしていたのか。

「同種の主食は藻類であることが知られています。洞窟内は日光が届かないので、藻類はあまり多くありません。つまり、そこでエサにありつけるとは思えません。単に、彼らの行動範囲ぎりぎりまで遠出していただけ、と考えるのがいちばんシンプルな説明でしょう」

科学者らはこの魚をプレコの仲間の C. microps だと考えている。(Photograph by Geoff Hoese)
[画像のクリックで拡大表示]

 ハウス氏によると、この魚は通常、アンデス山脈のふもとの洞窟から出る泉を源泉とする、アマゾン川上流に生息しているという。ひょっとするとこのナマズは、「川を上流に泳いでいるうちに泉にたどり着き、そのまま洞窟に達しただけかもしれません」

ダークサイドへ

 多くの魚は、本能的に上流を目指す。たとえば、その理由のひとつが繁殖だ。

 あるいは、このナマズは洞窟に住むように進化し始めたところ、という可能性もある。

「進化は常に起こっています。何かが変化の途上にあるかもしれないという視点は興味深いものです。この魚のように、固有の行動を示し、異例の生息環境にあるようなときなどには」

 比較対象となるのは、やはり同研究チームが記録したロリカリア科のナマズ、 Astroblepus pholeter だ。無色で極めて小さい目を持ち、すでに洞窟生活への移行を完了している。

 C. microps がダークサイドに向かっていることを示す証拠は見つかっていないが、「もしそうだとしたら、とてもエキサイティングな可能性です」とハウス氏は述べている。

文=James Owen/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加