エベレストの標高が変化? ネパール地震

真相解明のため、科学者たちがデータ収集に奔走中

2015.05.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エベレスト(写真左)とヌプツェ(右)。ネパール地震でともに移動した可能性があるが、その距離はまだ不明。(PHOTOGRAPH BY ANDY BARDON, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)
[画像のクリックで拡大表示]

 4月25日にネパールを襲った大地震(推定マグニチュード7.8)は、地表面に恒久的な変化をもたらしたと考えられる。これにより、エベレストの標高も変わった可能性がある。

 現在、米国地質調査所(USGS)の地質学者チームがこの問題に取り組んでいる。カリフォルニア州パサデナでUSGSとともに地震研究を行っている地球物理学者、ケネス・ハドナット氏は、5月9日までにエベレスト近くのGPS電子基準点からデータを収集する必要があると警告している。

 以降になると新しいデータが上書きされ、大地震の詳しい情報が消えてしまうためだ。データには、基準点がどの程度前後方向および上下方向に揺れ動いたかを示す情報が含まれる。そのため地質学者らは、ヘリコプターを飛ばすための資金集めに躍起になっている。計画済みの人道支援への便乗も検討中だ。

 それまでの間、ハドナット氏らは衛星データと地震データを分析し、事実関係の把握と今後の地震の可能性を検討している。まだ改良が必要だが、暫定モデルを使ったシミュレーション結果から、エベレストとその周辺エリアは、水平・垂直両方向に数cm程度移動した可能性がある。

 この結果は、英国ケンブリッジ大学の地質学者、ジェイムズ・ジャクソン氏の推定と一致する。氏はメール取材に対し、「垂直方向の動きは10cm未満と予想される。水平方向も同様」と答えた。

 震源地の東200kmにあるチベット領内のある地点は、北に2cm、東に1cm動いたことをジャクソン氏は確認している(垂直方向の移動はなかった)。エベレストも同様の可能性があるという。

真相に迫るには

 詳細を把握するため、ハドナット氏はエベレスト山頂からおよそ30km離れた谷にあるGPS基準局、「SYBC」のデータ収集を望んでいる。地震の影響で同局からデータが送られていないため、誰かが現地に飛んで、データを直接ダウンロードしなければならない。最終的には、高品質のGPSユニットを持って山頂に登ることで、詳しい情報が得られるだろう。

「単にエベレストの標高が上がった、下がった、という話をしているのではありません。地球全体で何が起こったのか、地震の背景にどんな科学があったのかを知りたいのです。たとえば、地震の影響で同エリア内の別の断層にストレスがかかっていないかを知りたい。ストレスは、新たな地震を引き起こす可能性がありますから」

 また、エベレストよりも震源地に近く、被害の大きかったカトマンズ市では、1m程度の移動があったかもしれないとハドナット氏は言う。ジャクソン氏によると、同市近郊の断層に沿った岩の動きは、3m規模だった可能性がある。

 とはいえ、地殻の変形は複雑で不均一なため、同市が単純にその分だけ移動したわけではないとジャクソン氏は警鐘を鳴らす。同市の下、あるいは近隣の地面のある部分が相対的に移動しただけなのかもしれない。

地図を書き換えるとき

 ナショナル ジオグラフィック協会の地理学者ホワン・バルデス氏に、エベレストの新しい標高について地図を書き換える必要性を尋ねたところ、科学をじっくり見守っているという回答を得た。

 協会としては、単一の科学機関によるデータには依存せず、できるだけ多方面のソースからデータを集めて判断するとのこと。エベレストの場合、それは中国、ネパール、ヨーロッパなどからのデータを意味する。

 バルデス氏によると、地震による地面の移動や噴火による島の出現などが起きたために、ナショナルジオグラフィックの地図を書き換えたことは過去にもあるという。今回カトマンズで発生した移動は、協会の地図の解像度では現れないだろう。しかし、標高についてはもう少し調査が必要だ。

 山の標高を大きく変えた最新の時点は2014年1月だとバルデス氏は振り返る。ニュージーランドで巨大な落石があり、クック山の標高が、3,754mから3,724mと30mも修正された。

 世界最高峰ですら動かしてしまうという事実は、「地球がどれほど活発かを証明しています」とバルデス氏は言う。

文=Brian Clark Howard/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加