草食のTレックス近縁種発見、肉食から進化途上か

史上最も恐ろしい捕食者の祖先は早々に草食化していた!?

2015.05.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チリ南部で先ごろ発見された恐竜は、Tレックスなどの肉食性恐竜の親戚でありながら、驚くべきことに草食性だった。(Illustration by Gabriel Lío)
[画像のクリックで拡大表示]

「獣脚類」という言葉を知らなくても、この仲間に属するヴェロキラプトルティラノサウルス・レックス(Tレックス)といった恐ろしげな恐竜の名前は聞いたことがあるだろう。地球の歴史上、最も恐ろしい捕食者だが、最近、驚くべき特徴を持つ獣脚類の仲間が南米で発見された。異なる数種類の恐竜を混ぜあわせたような外観をしている上、なんと草食性なのだ。

 この恐竜を発見したチリとアルゼンチンの研究者チームが、4月27日付のネイチャー誌に論文を発表した。「チリサウルス・ディエゴスアレシ(Chilesaurus diegosuarezi)」 という学名は、チリ南部のトキ累層(Toqui Formation)で最初にこの化石を発見した地質学者の当時7歳の息子、ディエゴ・スアレスにちなんだものだ。

「最初は典型的なジュラ紀の恐竜だと思いました」。論文の筆頭著者であり、ナショナル ジオグラフィック協会の助成金を受けている、アルゼンチン自然科学博物館のフェルナンド・ノヴァス氏はそう述べる。発見された骨盤骨はおよそ1億5000万年前のもので、当初はステゴサウルスやトリケラトプスといった鳥盤類の仲間に見えたという。

 ところが小ぶりの頭部には小さなヘラ状の歯が並んでおり、細長い首とがっしりとした四肢は、むしろブロントサウルスなどの竜脚形亜目によく似ていた。さらに脊柱には、獣脚類によくみられる穴が開いていた。

「このように多様な特徴をあわせもった例は本当にめずらしく、ワクワクさせられます。組み上がった標本を自分の目で見ていなければ、とても信じられなかったでしょう」。シカゴ大学教授で、ナショナル ジオグラフィック協会の探検家でもあるポール・セレノ氏は興奮気味に語る。

 この奇妙な恐竜の正体を解明するため、ノヴァス氏らは上記3種類の恐竜と特徴を比較し、どのグループにいちばん近いかを調べていった。「もっとも裏付けの多い結論は、これは原始的な獣脚類であり、肉食から草食へと進化する過程で、他のグループの恐竜に似た特徴を獲得していったというものです」とノヴァス氏は言う。

 進化の途中で食性が変化するのは比較的めずらしい現象だが、例がないわけではない。たとえば草食性のパンダの祖先は、ホッキョクグマやグリズリーの祖先と同じ、肉食性の生物だ。

 過去にも草食性の獣脚類が発掘されたことはあった。しかし、それらはすべて進化のごく遅い段階で現れたものであり、数は多くなかった。一方、セレノ氏によると、今回発見された恐竜は「動物相において主要な部分を占めていた」という。

 この発見が驚くべきものである理由は他にもある。現在のアメリカやアフリカといった他の地域においても、優勢だったのはTレックスのような大型の獣脚類でなく、ステゴサウルストリケラトプスのような鳥盤目の恐竜だったことを示す化石が見つかっているそうだ。

 なぜそうだったのかについては、まだわかっていない。セレノ氏は「明確な答えは見つかっていませんが、これからの調査で明らかになるはずです」と話す。その答えは、今回チリサウルスが見つかった地層の中で待っているかもしれない。

「これまでの発見は氷山の一角です」とノヴァス氏は言う。この先、今回のチリサウルスはもちろん、彼らを捕食していた肉食恐竜の化石もたくさん見つかるだろうという。

 確実なのは、南米は恐竜の研究者たちが今後目指すべきフロンティアだということ、そして恐竜には、専門家がまだ把握しきれていないさまざまな種類がいたということだ。セレノ氏は言う。「恐竜には根本的に他の動物とは違うところがあります。たとえて言うなら、進化という名の研究室にいる実験動物といったところでしょう」

文=Michael D. Lemonick/訳=北村京子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加