ロサンゼルスの住宅地にクーガーが出没

ジョージ・クルーニーが住むセンチュリー・シティの脇も通った?

2015.05.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013年、グリフィス公園を歩くピューマ「P-22」。自動隠しカメラで撮影。(Photograph by Steve Winter, National Geographic Creative)
[画像のクリックで拡大表示]

「ハリウッドで最も名の知れたクーガー」と言っても、年下の男性との恋愛に積極的な女優ではない。クーガーはピューマの通り名で、性別もオスだ。10車線の高速道路を横切り、ロサンゼルスの喧騒の公園に暮らし始めて3年になるオスのピューマは、有名なハリウッドの看板と共に写真に撮られたことで世界的に注目を集めた(参考記事:「復活するピューマ」)。

 4月14日の朝、このネコ科の動物が市の中心に近いロス・フェリス地区の民家の床下にうずくまっていた。これがニュースになって報道陣が現場に押しかける騒ぎになったが、カリフォルニア州魚類野生生物局報道官のジャニス・マッケイ氏が、「ピューマは現地時間の正午ごろまでに、すみかにしているグリフィス公園に帰ったことが確認された」と発表した。

 14日の午前9時ごろにはもう床下にピューマの姿は見えなくなっていた。それでも、生物学者らが正確な行き先を把握するにはさらに数時間かかった。研究者らは遠隔測定装置で、ピューマに付けた首輪の発信器が出す電波を追跡。首輪は、以前にナショナル ジオグラフィック協会からの助成金で購入されたものだ。州の職員たちはピューマがまだ近隣に潜んでいるのではと懸念していたが、同公園の奥へと約2.4キロ移動したことが首輪の電波で確認された。

 民家に警備システムを設置中だった作業員がピューマと出くわしたのは13日のこと。作業員は州の魚類野生生物局に連絡し、翌14日の朝、やってきた職員らがクッションやテニスボールを繰り返し投げつけ、追い払おうと試行錯誤した。

 同日朝、ナショナル ジオグラフィックの写真家であるスティーブ・ウィンターは、「とにかくピューマが移動できるように、人間がどいてやる必要があります」と語った。このピューマをカメラトラップでとらえた彼の写真は本誌2013年12月号の記事に掲載され、生物学者の間で「P-22」の名で知られる個体を一挙に有名にした。

 魚類野生生物局のマッケイ氏によれば、実際に職員は民家の裏手の床下から報道陣と近隣住民を遠ざけ、ピューマの脱出を促したという。

 この方針は正解だったようだ。去っていくところを目撃した人はいなかったが、マッケイ氏は「ピューマはここから出ていきました」と発表した。

お忍びが得意

 ウィンターによれば、P-22がグリフィス公園にすみついたのは3年ほど前だという。以来、多くの日数を費やしてこの動物をカメラに収めてきた。16平方キロ超の広大な敷地を誇る同公園は、都市公園としては全米最大であり、都会にありながら豊かな自然が保たれている。

 ここにたどり着くまでに、ピューマは「全米屈指の交通量である高速道路2本を横断し、ジョージ・クルーニーの家があるセンチュリー・シティのすぐ横を通ってきたはずです」とウィンターは話す。

 幸い、グリフィス公園にはシカなどの獲物が豊富にいて、生息環境は恵まれている。主に夜間に活動するため、これまで一般市民の目に触れることはほとんどなかった。

「健康状態は良さそうです」と話すのは、米国国立公園局の生物学者で、14日にP-22の追跡を支援したジェフ・シキッチ氏だ。「餌を十分に摂っていて、皮膚炎も治っています」

 2014年、P-22は生物学者らによって一度捕獲され、皮膚炎の治療を受けた。P-22の年齢は5歳くらいとシキッチ氏は推定している。

 首輪から得られた移動記録によると、P-22が道路を歩いたり庭を横切ったりして市街地に下りてくるのはそれほど頻繁ではない。住宅地に囲まれたグリフィス公園だが、園内と外との境界がはっきりしているためとみられる。

 今回、P-22が作業員と間近で目があっても攻撃に出なかったことから、ウィンター氏は「人間に危害を加えることはないのでは」という。

 さらに、人家の床下に入ったこの経験から「次からはもう同じことはすまいと学習するでしょう」と推測した。

 人間の側でもこうした接触を防ぐため、周囲に住む人は家や敷地内に穴があればふさいだ方がいいとシキッチ氏は指摘した。また、もし野生のピューマと遭遇しても、逃げてはいけないという。自分を大きく見せて大声を出し、必要に応じてゆっくり後ろに下がるのが有効だ。

文=Brian Clark Howard/訳=高野夏美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加