天の川を見て方位を知るフンコロガシ、日中は?

読者のギモンを専門家にぶつけてみた

2015.04.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
空の情報を手がかりに糞を一直線に転がすフンコロガシ。(Photograph by Adrian Bailey, National Geographic)
[画像のクリックで拡大表示]

 カーナビはみんな大好きだが、一杯食わされた経験は誰しもお持ちだろう。米国の芸人ロス・ノーブルのこんな話を聞いたことがある。オーストラリアのナラボー平原をドライブしているときにカーナビが言った。「2日間直進してください。それから左に曲がってください」。その後、道は延々とまっすぐで、カーナビからはなんの指示もなく、結局左折する場所がわからなかったそうだ。

 もしフンコロガシの才能が人にあれば、カーナビなんて必要ないのだけれど。

 2013年、ナショジオニュースは 「Current Biology」誌に発表されたある論文を紹介した。アフリカのフンコロガシは天の川を手がかりに方位を知るというものだ。こんな能力を持つ生きものは他には知られていない。

 この「今週の不思議な生き物」の記事に、先月、ロードアイランド在住の“jtbean”さんが質問コメントをつけた。「(フンコロガシが天の川をナビゲーションの手がかりにしているなら)白夜で天の川の見えない夏のアラスカではどうやって方位を知るのですか」

太陽が手がかり

 そこで、論文の共著者であるスウェーデン、ルンド大学の生物学者、エリック・ワラント氏にメールで聞いてみた。氏は、アラスカのような高緯度の場所にもコガネムシ科の糞虫は生息するが、糞を転がす習性を持つフンコロガシとは別の種で、星の光自体をナビゲーションに利用するのはフンコロガシだけだという。もし、フンコロガシがアラスカのような北方に生息するならば、おそらく日中に活動し、空の偏光パターンなど、他の手がかりを利用するだろう。

 星の光は、実は一定の光のパターンを空に描いている。人は感知できないが、コガネムシなどの昆虫にはこれがはっきりとわかる。ワラント氏によると、空の偏光パターンは「太陽または月の光が地球の大気で散乱して生じる」とのこと。夜も月の光によって同様のパターンが生じ、夜行性のコガネムシがナビゲーションに利用するが、その強さは昼間の百万分の1ほどだ。

 フンコロガシの見ている星の偏光パターンを人間も見ることができたなら、どのように見えるだろうか。それは、夜空の星を長時間露光で撮影したような、地球を幾重にも取り囲む同心円状の対称的な破線になる。

常に上向き

 たくさんの生きものが人間の目には見えないこの空の偏光パターンを利用している。オレゴン州立大学の昆虫学者、ケイティ・プルーディック氏は「特に昆虫は、このシグナルを利用できるように進化しています 。昆虫は方位を知るためだけでなく、異性を惹きつけるためにも利用します」と言う。2003年、「Nature」誌に掲載された論文により、ドクチョウ属のオスが玉虫色の羽で偏光を反射させ、メスを惹きつけていることが明らかになった。

 プルーディック氏は、他の昆虫のように道標を利用しない点でもフンコロガシは珍しいという。たとえば、夜は月を主な手がかりに移動する蛾も、日中はモノを道標に使う。しかし、フンコロガシは赤い納屋や木の幹があるところを左に曲がったりはしない。あくまでも空に注目する。

 2012年にワラント氏らが発表した研究によると、曇りや空が見えない状況において、フンコロガシのナビゲーション能力は鈍くなるものの、それでも物理的な道しるべを頼りにしなかったそうだ。

文=Liz Langley/訳=キーツマン智香

  • このエントリーをはてなブックマークに追加