10億匹の青いクラゲが大量死、米国西海岸で

クラゲの一種カツオノカンムリは、いつもは外洋の海表面を浮遊し、触手状の刺胞を使って微小生物を捕食する。多くのクラゲ同様、無性生殖で繁殖するポリプ型と、有性生殖を行うクラゲ型の2通りの形態がある。(Photograph by Tiffany Boothe, Seaside Aquarium)

【元の記事へ戻る】 【CLOSE】

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー