エボラ特集5:検証、シエラレオネの悲惨な現実

シエラレオネの首都フリータウンで、エボラ感染が疑われている27歳男性の遺体を外へ運び出した後、遺族と友人が祈りをささげる。遺族らが最後の別れを告げる間、作業員たちは仕事を中断して見守る。(Photograph by Pete Muller, Prime for National Geographic)

【元の記事へ戻る】