動物の赤ちゃんフォトギャラリー10選

思わず笑みがこぼれるイノシシやヒヒの赤ちゃんなど10枚の写真

2015.04.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かわいい侵略者

[画像のクリックで拡大表示]
PHOTOGRAPH BY FLIP DE NOOYER, MINDEN PICTURES

 ヨーロッパ原産のコブハクチョウは観賞用として北米の公園や池に導入された。しかし、コーネル大学鳥類学研究所によると、逃げ出した個体が野生化し、ほかの鳥を攻撃することから、在来の水鳥の営巣を阻害するなどの問題も起きている。

発光するシラス

[画像のクリックで拡大表示]
PHOTOGRAPH BY HEATHER PERRY, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

 サルガッソ海でふ化したアメリカウナギの子供。海流に身を任せ、1年後、大西洋岸にたどり着く。『Nature』誌によれば、透明な体から放たれる青い輝きはUnaGと呼ばれる蛍光タンパク質の色だという。

誰かいるの?

[画像のクリックで拡大表示]
PHOTOGRAPH BY JONATHAN PFENGHANSSL, NATIONAL GEOGRAPHIC YOUR SHOT

 巣穴から思い切って顔を出すアナホリフクロウのひなたち。米カリフォルニア州で撮影。アメリカ野生生物連盟によると、アナホリフクロウは哺乳類の排せつ物を巣穴の外に置き、そのにおいで餌となる好物の甲虫をおびき寄せるという。

森に抱かれて

[画像のクリックで拡大表示]
PHOTOGRAPH BY JAN VERMEER, MINDEN PICTURES

 重なり合って昼寝する野生のイノシシの子供たち。木漏れ日が差し込むヨーロッパの森にまだら模様の毛皮が溶け込んでいる。雄はおとなになったら、イノシシの牙を戦利品と考える狩猟者たちに狙われないよう、気を付けねばならない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加