やる気のないオスを“口説く”メスグモが見つかる

フェロモンたっぷりのクモの糸を出して無関心なオスを誘惑

2015.04.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オスに対して積極的なオオアシコモリグモ属の一種(Pardosa milvina)のメス。(Photograph by Matthew Persons)
[画像のクリックで拡大表示]

 一見のどかな北米のトウモロコシ畑で、求愛と誘惑の宴が繰り広げられていることに気づく者はほとんどいない。というのも、当事者たちは研究の対象になるよりは押し潰される可能性のほうがずっと高いコモリグモだからだ。

 しかし、最新の研究で、このクモのドラマチックな生態が明らかになった。共食い、奇襲攻撃、子食いといった習性もさることながら、恋愛となるとメスが積極的だったのだ。

 動物行動学の専門誌『Ethology』4月号に掲載された論文によると、オスを誘惑するのに、メスのコモリグモが糸を利用するという。こんな習性は他のクモではまず見られない。

 米国、カナダ、メキシコでは、数多くの種類のコモリグモが、小川、森、大豆などの畑に普通に生息している。朝早く外に出てみれば、畑がクモの糸で覆われている光景を見ることができると、論文の筆頭著者マット・パーソンズ氏は語る。

「クモの糸は廃棄物ではありません。彼らにとってはインターネットであり、情報伝達網なのです」。パーソンズ氏は、ペンシルベニア州セリンズグローブにあるサスケハナ大学のクモ学者として、24年間クモのコミュニケーション能力に関する研究を続けてきた。

普通はオスをメスが選ぶ

 オオアシコモリグモ属の一種(学名:Pardosa milvina)の場合、メスのコミュニケーション法のひとつとして、オスに媚びを売ることがある。

 オスとメスを使った研究室の実験で、適当な求愛でごまかすオスや、全くやる気のないオスを相手にすると、メスが「しおり糸」をいつもより多く出していた。しおり糸とは、クモが落下しても平気なよう移動時にお尻から出すいわば命綱である。

 この糸にはフェロモンがたっぷり含まれており、しかるべきオスグモにメスグモの様々な情報を伝えることもできる。

 実験では、積極的なオスを相手にした時や、他のメスの糸を目にしたメスはそれほど多くのしおり糸を出さなかった(参考記事:「“背中をさすって”口説くオスグモ」)。

走査型電子顕微鏡で見たクモの糸。(Photograph by Chris Latanich)
[画像のクリックで拡大表示]

「普通はオスが求愛して、メスが好きなオスを選ぶと考えるでしょう」と、パーソンズ氏。こういうときはメスはとても受身で、腕や足を振り回して、飛んだり跳ねたりして頑張るのはオスのほうだからだ。「それがダーウィンの時代からの常識ですから」

 しかし、今回の研究で必ずしもそうではないことが示された。やる気のないオスに出会ったメスは、しおり糸をより多く出してオスをたきつけているようだ。コモリグモのこのような行動は、手ごたえがないならさっさと次へ行くというのではなく、互いに会話を交わしながら関係を築こうとしているように見てとれる。

 パーソンズ氏は、コモリグモのメスが、興味のないオスを見て反応しているのは明らかだとして、次の段階は、求愛を受けたオスが態度を改めてそれに応えるかどうかを調べるという。

文=Jane J. Lee/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加