ローマ時代の地中遺跡を3Dで再現、ポルトガル

「掘らない発掘」が考古学を変える

2015.04.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1世紀に作られたアマイアの町を再現した3次元画像。ポルトガル南部のアマイア遺跡では、最新の非接触型技術を用いた調査が行われている。(ILLUSTRATION BY 7REASONS MEDIEN GMBH)
[画像のクリックで拡大表示]

 考古学者が過去を探るには、遺跡の発掘が不可欠だった。しかし今は違う。レーザーや地中レーダー、ドローン(無人航空機)を使う非接触型の技術で、考古学者の仕事が変わりつつある。

 最新の例はポルトガル南部にあるアマイア遺跡。研究者らは、地中に眠るローマ時代の村落がもっとも栄えていたころの姿を3次元で詳細に再現した。遺跡から得られたデータによると、アマイアが栄えたのは1世紀ごろ。最盛期には2000人以上が住んでいたが、4世紀から徐々に減少し、中世には衰退していた。国際研究チームは多様な非接触型の手法を用い、アウグストゥス帝時代以降のこの町の変遷を突き止めた。

触らずに見るメリット

 非接触型の手法は古くからある。たとえば航空写真は、1970年代から考古学研究の主力を担ってきた。しかしこの10年間で非接触型の手法や技術は目覚ましく進歩し、地中の様子をさらに深く、広く知ることができるようになった。

 発掘しない調査のよいところは、遺跡を保存できることだ。どんなに注意深く掘っても、遺跡の破壊は避けられないし、白日の下にさらされた人工物は、環境によるさまざまな被害を受けやすい。イタリア・カッシーノ大学の考古学者クリスティーナ・コルシ氏は、「これからの遺跡保存は、掘らずに埋もれたままにしておくことです」と言う。2010年にポンペイの「剣闘士の家」が崩壊したとき、コルシ氏と同僚たちは意外にも安堵したという。他の遺跡が同じ運命をたどらずにすむと思ったからだ。

ローマ時代の広場があった場所で地磁気調査を行う研究者。15ヘクタールに及ぶ調査により、道路や墓地、工場を含むアマイアの全容がほぼ明らかになった。(PHOTOGRAPH BY J. VERHEGGE, GHENT UNIVERSITY)
[画像のクリックで拡大表示]

掘れない場所の調査方法

 アマイアはポルトガルの自然保護区内にあるため発掘ができない。そのため、ポルトガル、ベルギーなどの国際研究チームが2009年に調査を始めたときには、掘らない方法を選ばざるをえなかった。

 彼らは最初に地形図を作り、次にヘリカイト(ヘリウム風船と凧を組み合わせたもの)を使ってエリアの鳥瞰図を得た。これによりローマ時代の人々が使った採石場が見つかった。次に地磁気調査。15ヘクタールを超える範囲を調査し、道路や墓地、工場などの周辺部を含む、町の全容がほぼ明らかになった。また、加熱に使用したとみられる石のブロックも見つかった。これは、かまどや窯、もしくは公衆浴場のお湯を温めるために使われたものと考えられている。

 その後、研究者らは地中レーダーを使い始めた。電磁パルスを地中に放ち、地下の構造物で反射した信号を検知するものだ。これを使えば、舗装道路の下など調べにくい場所でも外観像を作成できる。アマイアでは、ローマ時代の広場や隣接する公衆浴場をレーダーで調査した結果、排水溝や建物内の柱の詳細が明らかになった。

これからの考古学

 近年、掘らずに遺跡調査を進めるケースは増えているが、まだ主流とはいえない。データの悪用を恐れて航空写真を研究者に提供しない政府もある。

 それでも、今では非接触型手法は考古学者の研修に取り入れられており、次世代考古学者の多くはこの手法に通じている。デジタル技術は総じて安くつく。データを統合するソフトウェアも、通常は無償だ。ドローン技術は進化を続けており、早く、安く、空からのデータや写真を集められるようになっている。

アマイアの邸宅を再現した3次元画像。レンダリングにはさまざまなデータが用いられている。(ILLUSTRATION BY 7REASONS MEDIEN GMBH)
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、従来の発掘が重要であることに変わりはない。たとえば地中にある遺物の年代は、掘り出さない限り特定できないし、年代順に追うには発掘するほうが簡単だ。これからは、従来型の発掘と非接触型の技術を組み合わせてデータを収集するのが最善だろう。たとえば、最小限の作業で広範なエリアや地形をリモートセンシングで調査すれば、ピンポイントでの発掘が可能になる。

未来型手法で過去を知る

 ある意味、人々は過去にタイムスリップできるようになってきた。スマートフォンやタブレットを使えば、すぐに感動的なまでの3次元体験ができる。もちろん旅行者にとって現地で“本物”を見るのに越したことはないだろうが、実際にはそれができない場所もある。

 特にヨーロッパでは、多くの都市が遺跡の上に築かれている。そういった場所では、非接触型の方法でしか過去を掘り起こすことはできないのだ。空港や道路、教会、街などの下敷きになって、まだ探査されていない考古学的遺跡は数多く残されている。デジタル技術を活用した発見はそう遠くないだろう。

文=Katharine Gammon/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加