コヨーテはなぜNYのバーの屋根に上ったのか

都市部が肉食動物をますます引き寄せる理由

2015.04.06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ニューヨーク市クイーンズ区バーモン通りにあるバーの屋根で、1匹のコヨーテが発見された。隣の空きビルから飛び移ったと考えられる。(PHOTOGRAPH BY CAITLIN CAHILL)
[画像のクリックで拡大表示]

 3月31日、米国ニューヨークのとあるバーの屋根の上で、コヨーテが発見された。

 近郊都市で夜中に鳴き声が聞こえることはあったが、屋根の上を自由に歩き回るなんてことは、これまでになかった。

 ノースカロライナ州ローリーにある州立自然科学博物館の動物学者、ローランド・ケイズ氏は、「最初は何かの間違いだと思いました」と述べた。

 都市郊外の野生動物を専門とするケイズ氏によると、発見されたコヨーテは、バーの隣の空きビルを探索中に、曲がる方向を間違えて開いていた窓をくぐり、バーの屋根にたどり着いた可能性が高い。

 動物管理局員がかけつけて保護しようとしたところ、非常口を通って逃げて行った。

都会の密林

 北米原産のコヨーテは、過去70年の間に東海岸に進出した。ケイズ氏はその一因を、かつて東海岸で覇権を握っていたオオカミがいなくなったためと分析している。

 農村部でコヨーテの数が膨れ上がった今、その一部がエサを求めて都市部にやってくることも十分に考えられる。

「都市部に生きる動物の生態を見てきましたが、そのほとんどが、使われていないスペースを利用しています。たとえば夜のゴルフ場や、高速道路のインターチェンジや出入り口にあるちょっとした緑地などです」

 まさに、ニューヨークの肥大化した区画や空きビルは、動物が住むのにうってつけだ。そしてきっと、屋根の上もそのリストに入るのだろう。

 ただし、コヨーテが1匹発見されたからといって、街じゅうで動物が繁殖し始める恐れはないとケイズ氏は言う。

「それでも、人工的な環境をこれほどまでに利用していたのかという事実には驚かされます」

お目当てはジャンクフード?

 コヨーテはごみをあさりに来ているのではないかと考える人も多いだろう。しかし、他の都市で行なわれた研究によれば、コヨーテのような捕食者は、生きているエサへの関心が高い。彼らの食事のうち、ごみが占めているのはせいぜい10%である。

 コヨーテのおかげで悪名高いネズミが減るのではないかと期待する人もいるかもしれない。ところが彼らが好むのは、より小型のネズミやウサギなどの元からいる種だ。都市部に住むシカもメニューに含まれる。特に、子鹿や路上ではねられた死体などを好むそうだ。

 コヨーテは飼い犬や飼い猫などのペットを襲うことでも知られているが、屋根の上のコヨーテがあなたのポメラニアンを襲う可能性はまだまだ低い。

 つまり、クイーンズ区のコヨーテはいまだ逃走中だが、あまり大きな危険はないと言える。

文=Jason Bittel/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加