史上最大、サイ100頭の空輸計画

密猟者の跋扈する南アフリカから、より安全なボツワナへ

2015.04.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
南アフリカ共和国で妊娠中のサイに目隠しをして、ボツワナへ移送する準備を行う。ボツワナでの個体数回復と、密猟からの保護がその主な目的だ。(Photograph by Beverly Joubert)
[画像のクリックで拡大表示]

 体重が2トン半にもなるサイをケージに入れて飛行機に乗せ、国境を越えるとは気の遠くなりそうな話だ。ところが動物保護活動家たちは、まさにそうやって100頭ものサイを南アフリカ共和国から運び出そうと計画している。絶滅の危機に瀕しているサイを密猟から守り、野生下で新たな個体群を確立させようという試みである。もちろん、困難な作業となることは覚悟の上だ。

「サイの保全は絶望的な状態にあります。ですから、最も密猟の多い地域から最も少ない場所へ移動させたいと考えています」と、ボツワナのオカバンゴ・デルタを拠点に活動するドキュメンタリー映像作家、自然保護家のデレック・ジュベール氏は話す。

 アフリカには現在、4000~5000頭のクロサイと、2万頭のシロサイが生息するとされるが、それらは7時間半ごとに1頭、年間1000頭以上が密猟者によって殺されている。目的は、角を切り取り、中国やベトナムの闇市場で取引することだ。サイの角は万病に効くと信じられており、末端価格は1キロあたり6万5000米ドル(約780万円)にも上るが、西洋医学の科学者たちは、その効果に医学的根拠はないとしている。

ボツワナの非公開保護地域へ

 ナショナル ジオグラフィック協会付きエクスプローラーでもあるジュベール氏とその夫人ビバリー氏は昨年、『ライノス・ウィズアウト・ボーダー(国境なきサイたち)』という非営利運動を立ち上げ、つい最近10頭のサイを南アフリカの過密な保護区から別の保護地域へ移送した。

 非公開のこの場所は、一時的にサイを収容するために用意されたもので、ここで病気や寄生虫の治療を受けたサイは、数カ月後にボツワナ北部にあるやはり非公開の保護地域へ移される。サイ同士の争いを避けるため、野生へ放す場所は他のサイの縄張りがまだ確立されていない地域に限られている。新たな場所へ放されたサイは早速マーキングを始め、自らの縄張りを確保する。

 過去にも、サイやゾウ、その他の動物を飛行機で運ぶという試みは行われてきたが、ジュベール夫妻の取り組みは史上最大規模のサイ空輸計画となる。今年末までにあと25頭を南アフリカから移動させる予定で、来年にはさらに65頭の移送を計画している。

 ボツワナに生息するサイの個体数は77~100頭と推定され、ジュベール夫妻はこの数を2年以内に2倍の200頭まで回復させたいと願っている。現代的な狩猟法が用いられるようになる以前、ボツワナには多くのサイが生息していたが、現在、野生のサイの約80%は南アフリカに集中している。

 ボツワナの人口はわずか200万人で、南アフリカの5300万人と比べてかなり少ない。しかもボツワナ政府は軍隊を使って密猟者を取り締まっており、必要ならば射殺も辞さないという政策だ(これは論争の的になっている)。ジュベール氏によると、政府と密猟者が裏で繋がっている心配もほとんどないといい、サイが安全に暮らせると期待されている。

輸送中の怪我を防止するため、サイを眠らせて角を短く切り取る。麻酔をかけられているので、サイが痛みを感じることはない。(Photograph by Beverly Joubert)
[画像のクリックで拡大表示]

移送費は1頭500万円

 サイ1頭の移動には4万5000ドル(約540万円)という高額な費用がかかり、完了までに数カ月もの期間を要する。

 移動させるサイを選定したら、ヘリコプターから麻酔銃を撃つ。その後縄で縛って目隠しをし、薬で麻酔から覚醒させて、ケージまで誘導する。病気の感染を防ぐため6週間隔離し、体内と角にマイクロチップを埋め込む。「密猟者が角を体から切り取った瞬間に警告が届く仕組みになっています」と、ジュベール氏は説明する。

 全ての準備が整うと、サイは民間の輸送機に乗せられる。1回の飛行で最大5頭まで輸送が可能だ。ビバリー氏によれば、空輸は陸路よりも費用がかかるが、密猟防止の観点から安全性が高く、サイが麻酔にかかっている時間も短縮できる。

 この方法で移動中にサイが死亡する確率は2~5%、その多くは、鎮静剤の過量投与や暑さが原因だ。獣医が様々な対策を取ることで、現在、死亡率は少しずつ低下してきている。

文=Brian Clark Howard/訳=ルーバー荒井ハンナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加