私を野球に連れてって:「あのとき」の写真15選

バット工場からアーミッシュのコミュニティ、ワールドシリーズまで

2015.04.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕らのワールドシリーズ

Photograph by William T. Douthitt, National Geographic
Photograph by William T. Douthitt, National Geographic
[画像のクリックで拡大表示]

 ペンシルベニア州サウスウィリアムズポートでは毎年8月に、9歳から12歳の男女が参加するリトルリーグ・ワールドシリーズが開かれる。米国内から8チーム、世界から8チームが参加するこの大会では、台湾が最多となる17回の優勝を誇っている。

胴上げ投手

Photograph by David Alan Harvey, National Geographic
Photograph by David Alan Harvey, National Geographic
[画像のクリックで拡大表示]

 1985年の日本シリーズで優勝を決め、米国人ピッチャーのリッチ・ゲイルを胴上げする阪神タイガースの選手ら。米国人選手がよく日本のプロ野球でプレーするように、日本人のメジャーリーグ移籍も珍しくなくなった。

海上観戦

Photograph by James A. Sugar, National Geographic
Photograph by James A. Sugar, National Geographic
[画像のクリックで拡大表示]

 2010年ワールドシリーズ、サンフランシスコ・ジャイアンツ対テキサス・レンジャーズの初戦で、球場近くの海に繰り出したファン。米国の野球場はそれぞれに個性がある。ベース間の距離は決まっているが、外野の大きさや形はさまざまだ。

プレイボール!

Photograph by William Albert Allard, National Geographic
Photograph by William Albert Allard, National Geographic
[画像のクリックで拡大表示]

 開幕日を自主的に「休日」とする米国人は多い。しかし、再三の申し立てにもかかわらず、いまだに公式な休日にはなっていない。メジャーリーグの年間観客動員数は10年間ほぼ変わっておらず、2014年は7373万9622人だった。

文=Melody Rowell/訳=堀込泰三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加