幻の白いバクの撮影に成功

ブラジルの熱帯雨林でナショジオ写真家が撮影、野生下で初

2015.03.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラジルの熱帯雨林で撮影されたアルビノのバク。(PHOTOGRAPH BY LUCIANO CANDISANI)
[画像のクリックで拡大表示]

 ブラジル南東部にある熱帯雨林で地元の人々に目撃され、伝説になっていた白いバクの撮影に、ナショナル ジオグラフィック誌に寄稿する写真家ルシアーノ・カンディザーニが成功した。

 ブタにも似た出で立ちのバクの体は、通常、こげ茶色をしている。「白いバクが出没する」という噂に興味をそそられたカンディザーニは、この幻の動物を写真に収めたいと考えた。

 2014年5月、目撃情報のあるヴォトランチン保護区に入り、暗闇の中、夜行性のバクが姿を現すのを待った。バクは数多くやってくるものの、白いバクは一向に現れない。彼はあきらめず、今度はカメラトラップを設置した。動物がカメラの前を通ると、自動的にシャッターがおりる仕組みだ。

「ある晩、撮った写真を確認していたら、白いバクが目に飛び込んできたんです。胸が高鳴りました」とカンディザーニは振り返る。アルビノのアメリカバク(学名:Tapirus terrestris)が野生下で撮影されたのは、これが初めてだ。

バクの受難

 アルビノの動物は、自然に起こる遺伝子の突然変異によって色素が欠如し、毛は白く、眼は赤みを帯びたピンク色となる。

 アルビノのバクは、生息地である南米の熱帯雨林でもめったに見られない。体長1.8メートル、体重200キロ以上にもなるバクは、ブラジル最大の陸生哺乳類だ。警戒心が強く、群れを形成しない草食動物のバクは、ゾウに似た柔らかい鼻をもつことでも知られ、この鼻で高い枝の葉や果実をつかむことができる。また、長い鼻は泳ぐときにシュノーケルとしても役立つ。泳ぎがうまく、涼んだり外敵から逃れたりするために水の中に入る習性がある。

 だが、バクも狩猟や森林伐採といった脅威にさらされている。東南アジアのマレーバクを含め、現生する4種はどれも個体数が減少している。

 珍しい動物を撮影できて幸運だったとカンディザーニ。アルビノのバクを撮影してから、彼は同じエリアにカメラトラップをさらに設置し、他にも、ヤブイヌなどめったにお目にかかれない南米の動物の撮影に成功している。「ブラジル大西洋岸の森林は危機にありますが、まだまだ科学に驚きをもたらす可能性を秘めています」とカンディザーニは付け加えた。

文=Mary Bates/訳=桜木晴子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加