アジアの女郎グモ、米国へ侵入・定着

ジョージア州の3カ所で分布を確認

2015.03.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
京都近辺で撮影されたジョロウグモ。最近の調査で、このクモが米国に定着していることが明らかになった。(PHOTOGRAPH BY CRYSTITE, ALAMY)
[画像のクリックで拡大表示]

 アジアでさまざまな伝説をもつ大型のクモ、ジョロウグモ(学名:Nephila clavata)が米国に侵入し、定着していることが、米国ジョージア自然史博物館の調査で判明した。北米でこのクモが確認されたのは初めて。

 ジョロウグモに特有の大きな金色の巣が、ジョージア州北部の少なくとも3つの地域で見つかった。科学者はジョロウグモが船荷に紛れて海を渡り、数年前からジョージア州でひっそりと暮らし始めたと考えている。

 日本では、ジョロウグモは美しい女性に変身して男を誘い込み、餌食にするクモの妖怪だと伝えられている。韓国では「ムーダンコミ」と呼ばれているが、これは「巫女蜘蛛」という意味だ。実際には、ジョロウグモは人間には無害で、現時点では、このクモの存在が米国の生態系に悪影響を及ぼすという証拠もない。

 ジョージア自然史博物館の学芸員で、今回の調査チームを率いたE・リチャード・ホーボキ氏は、「最初に見たときには非常に驚きました。この地域に本来生息しているクモでないことは明らかでしたから」と言う。彼の論文は、2月に学術誌『PeerJ』に発表された。

庭先に現れた新顔

 ジョロウグモの成体のメスは派手な色合いで、縞模様の脚と腹部は、黄色と赤と黒のペンキを塗りたくったかのようだ。一方、オスは全体に茶色っぽく、ジョロウグモ属のクモ全般に言えることだが、メスに比べると小さい。中にはオスの4倍にもなるメスもおり、脚を伸ばしたときの全長は8~10センチメートルに達する。これだけ目立てば、論文の共同執筆者ウェズリー・ハフマスター氏が自宅近くでこのクモに目をとめたのも当然だろう。

 ハフマスター氏とホーボキ氏らは疑わしいクモを他にも探し始め、10日間にわたる探索の結果、ジョージア州内の3つの地域で十数匹のジョロウグモとその巣を発見した。その分布範囲の広さは、ジョロウグモが新大陸に定着したことを意味している。また、写真とDNA検査でクモの身元を確認したところ、ジョージア州のジョロウグモはすべて中国か日本から来た同じクモに由来していることがわかった。

密航

 クモ はヒッチハイクで世界中を旅する。カリフォルニア大学リバーサイド校でクモの研究をしているリック・ヴェッター氏は、「貿易がさかんな今日、クモは荷物に紛れて世界中に運ばれています」と言う。

 ただ、外国に運ばれたクモが現地に定着するのは非常にまれだ。定着するにしても大きな港の近くであることが多いが、今回、ジョロウグモが確認されたジョージア州の3つの地域は、いずれも港から遠く離れている。

 ホーボキ氏は、東海岸にある州間高速道路85号線を通って運ばれた荷物にジョロウグモの卵が産みつけられていて、荷物の到着後に孵化したのではと推測している。「ジョロウグモ属のクモの子はバルーニングをするので、遠くまで移動できるのです」とホーボキ氏は言う。バルーニングとは、クモが長い糸をパラシュートのように使い、風にのって飛ぶことだ。

ジョロウグモを探せ

 北米のジョロウグモの集団がどれほど拡大しているのか、在来種と競合していないのかなどは、まだわかっていない。実は、この華やかな新顔のクモには米国に親戚がいる。米国南部原産のアメリカジョロウグモ(Nephila clavipes)で、やはり金色をした円形の巣を張る。「最初のデータが示す範囲より広く分布しているかもしれません」とホーボキ氏は言う。「大きな輸入品倉庫がある場所なら、どこにでもいる可能性があります」

 春が近づいている今、クモの子は卵嚢から孵化しようとしている。幼体は数カ月で成長し、夏の終わりから秋の初めにかけて目につきやすくなる。ホーボキ氏は、市民がジョロウグモ探しに協力することを期待している。「私たちだけで、全米をしらみつぶしに探すのは不可能です。市民の皆さんがクモを意識し、ジョロウグモを見つけた際には知らせてもらえるとありがたいです」と彼は言う。

文=Nadia Drake/訳=三枝小夜子

  • このエントリーをはてなブックマークに追加