【動画】ピラニアだらけの川に肉を放るとこうなる

まるでホラー映画

2015.03.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ピラニアのいるブラジルの川に肉を放り込んだら、川がボコボコの沸騰状態に――ハリウッドのホラー映画のようなそんな映像がアップされた。

 (少なくとも南米の)川で泳ぐ人には恐怖の映像かもしれない。だが、ナショナル ジオグラフィックのフェローでネバダ大学の生物学者であるゼブ・ホーガン氏によれば、ピラニアが人に危害を与えることはほとんどないという。

 鋭い歯を持ち、何でも食べる魚は南米中にいるが、川に入る人は多くても噛みつかれることはない、とホーガン氏。

「でも、もしエサがいないよどみに入り込んでいたり、お腹を空かして狭い地域に集まっているようなときは危険な場合があります」

 そんな様子は1913年から14年にかけてアマゾンを探検したセオドア・ルーズベルト大統領の回顧録にしっかりと描かれている。飢えたピラニアがウシを一瞬にしてばらばらの肉片にしてしまったのだ。

 漁業者は時々噛まれているし、1件の死亡事故を含め、南米でピラニアとその仲間に攻撃されたという報告もある。「しかし、そういうケースは極めて稀です」とホーガン氏は言う。

 餌付けされていたのだとすると、ビデオの魚が特別に攻撃的という可能性はある。ホーガン氏いわく、人が与えるエサに集まるとき、ピラニアはとても大きな群れをつくることがあり、これは小さなよどみに密集したのとほぼ同じ状況だ。

 ビデオが撮られた一帯は魚をさばく場所なのかもしれない。あるいは、観光客を楽しませるための演出でしょう、とホーガン氏は推測している。

 ビデオの投稿者にさらなる情報を求めたところ、まだ返事はない。

 本来生息している河川では、ピラニアは捕食者およびスカベンジャー(腐肉食者)として生態系のなかで重要な役割を担っている。エサが少なくなると、彼らはしばしば共食いをする。ピラニアの仲間は30から60種いると見積もられているが、いったい何種類いるのか正確な数字は誰も知らない。

「ピラニアがたくさんいる川で私は何10回と泳ぎましたが、まだ噛まれたことはありません」とホーガン氏はつけ加えた。

文=Brian Clark Howard, National Geographic

  • このエントリーをはてなブックマークに追加