• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の百年

- NOVEMBER 2017 -

ナショナル ジオグラフィック協会 写真資料室から

ちゃんちゃんこ姿の猫

 ちゃんちゃんこのようなものを羽織って、こちらをじっと見つめるのは、東京で撮影された猫。1938(昭和13)年11月号の猫特集に載った一枚だ。


「寒い冬の日、ニッポンの家猫は火鉢の周りに集まるか、女主人の膝掛けにくるまれるか、オーダーメードの粋なキモノに身を包む」と写真の説明にある。46ページに及ぶこの特集には、米国で撮影された猫のカラー写真25点のほか、ヨーロッパやインド、オーストラリアなどの猫の白黒写真22点が掲載されているが、服を着ているのはこの東京の猫だけだ。


 1975年刊行の『猫の民俗学』(大木卓著)には、この特集への言及がある。「近頃はあまり見ないが、冬になると猫に綿入れの赤いチャンチャンコ様のものをわざわざ作って着せてあるのを東京では以前よく見かけた。西洋人には珍しかったと見えて……(本誌に)その写真が紹介されていました」。


 人間は服を着せる一方で、猫に寄り添って暖をとってきた。布団に入れて使う昔ながらの行火(あんか)は、「猫行火」や単に「ねこ」と呼ばれることもある。暖房器具の名称に使うほど、猫には温かいというイメージがあるのだろう。本当は人間のほうこそが、猫のぬくもりを必要としているのかもしれない。


写真:THE TOKYO ASAHI

フラッシュバック一覧へ

  • 寒い季節においしい 広島名物といえば
  • 市場を目指して牛乳を運ぶ牛
  • 開拓の苦労を物語る 干しトウモロコシ
  • 米兵も興味津々 終戦直後のねぶた
  • 岩に歴史が刻まれた京都の川下り
  • 塩作りは重労働 海水を運ぶ男たち
  • 馬を使ってサトウキビ搾り
  • 「続きは明日のお楽しみ」 戦後の紙芝居ブーム
  • 高野山の静寂を守る杉木立
  • 大名行列を飾った見事な尾
  • ねんねんころりよ 子守をする少女たち

翻訳講座

ナショジオクイズ

カラフルな粉を掛け合うことで知られるインドのお祭りといえば?

  • ディワリ
  • ホーリー
  • クンブメーラ

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ