VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大アヒル

台湾南部の高雄市に現れた、高さ18メートルの巨大なアヒル「ラバー・ダック」。オランダ人芸術家フロレンティン・ホフマンが制作したものだ。素材はビニールとゴムで、空気で膨らませて港に浮かんでいる。1カ月の展示期間中には、アヒルにふんした少女たちのダンスも披露され、多くの見物客でにぎわった。
写真=ASHLEY PON,GETTY IMAGES

VISIONS一覧へ

ナショジオクイズ

Q:世界遺産ストーンヘンジの名前の由来になった言葉といえば次のうちどれでしょう。

  • 石の大舞台
  • 石の絞首台
  • 石の天文台

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ