VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巨大アヒル

台湾南部の高雄市に現れた、高さ18メートルの巨大なアヒル「ラバー・ダック」。オランダ人芸術家フロレンティン・ホフマンが制作したものだ。素材はビニールとゴムで、空気で膨らませて港に浮かんでいる。1カ月の展示期間中には、アヒルにふんした少女たちのダンスも披露され、多くの見物客でにぎわった。
写真=ASHLEY PON,GETTY IMAGES

VISIONS一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ