VISIONS

色の見えない人々が住む島

太平洋に浮かぶミクロネシア連邦・ピンゲラップ環礁の赤外線写真。色覚障害者が多いことで知られ、最大で1割もの住民が、色をまったく認識できない遺伝子をもつと考えられている。18世紀に台風で島民の大半が命を落とし、生き残った王がその遺伝子を子孫に伝えたとされる。
写真=SANNE DE WILDE,NOOR

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 地層のアート
  • 世界有数の人口過密都市
  • 巨大アヒル
  • 氷の迷路
  • 噴煙を上げるブロモ山
  • 都会でサバイブするアライグマ
  • 悲劇のチョウ
  • 50年前の「地球儀」
  • 天空の宗教都市
  • 線香の花畑
  • バッタの大量発生
  • 奈良の又兵衛桜
  • アカシカの雄たけび
  • 海中の謎の関係