VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色の見えない人々が住む島

太平洋に浮かぶミクロネシア連邦・ピンゲラップ環礁の赤外線写真。色覚障害者が多いことで知られ、最大で1割もの住民が、色をまったく認識できない遺伝子をもつと考えられている。18世紀に台風で島民の大半が命を落とし、生き残った王がその遺伝子を子孫に伝えたとされる。
写真=SANNE DE WILDE,NOOR

VISIONS一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ