VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

色の見えない人々が住む島

太平洋に浮かぶミクロネシア連邦・ピンゲラップ環礁の赤外線写真。色覚障害者が多いことで知られ、最大で1割もの住民が、色をまったく認識できない遺伝子をもつと考えられている。18世紀に台風で島民の大半が命を落とし、生き残った王がその遺伝子を子孫に伝えたとされる。
写真=SANNE DE WILDE,NOOR

VISIONS一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ