フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- SEPTEMBER 2016 -

テキサスの大木の上から

 1915年、米国一巨大な硬木を探していたポール・ポペノーは、26枚の巨木の写真をナショナル ジオグラフィック協会に寄贈した。これはそのうちの1 枚で、テキサス州で撮影した直径1.5メートルを超すクルミ科のペカン。ルーペでのぞくと、高い枝の上に男性が座っているのがわかる。


 ペカンは1919年にテキサスの州木に定められた。1906年に亡くなった元州知事のジェームズ・ホッグが、ペカンを墓石代わりに植えるようにと遺言を残したことがきっかけで人気が高まった。ホッグは、「テキサスが緑豊かな土地になるよう、その実を州民に植えてもらえたら」と願っていた。


――イブ・コナント

写真=PAUL POPENOE, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

フラッシュバック一覧へ

  • 美女に狙いを定めて
  • 羽目を外せないビーチ
  • 50年後の和解
  • 驚異の自然を優雅に旅して
  • 町を沸かせたニュースとは?
  • 悩みも忘れる絶景の山
  • 罰当たりな逆立ち

ナショジオクイズ

1947年にこの洞窟付近で見つかった、最古の聖書写本を含む死海文書。紀元前70年前後に隠したとみられていますが発見された当時の状態は?

  • 羊の胃袋に巻かれていた
  • 川に沈められていた
  • 壷に入っていた

答えを見る

ナショジオとつながる

週2回
配信

メールマガジン無料登録

メルマガ登録の詳細はこちら

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ