VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒い森のキツネ

倒れかかったマツの幹を、慎重な足取りで登るアカギツネ。北半球に広く生息するこのキツネは、さまざまな文化や神話のなかで「ずる賢さ」のシンボルとなっている。ドイツ南西部に広がる森林地帯「シュバルツバルト」(黒い森)で撮影した
写真=KLAUS ECHLE, NATURE PICTURE LIBRARY

VISIONS一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ