VISIONS

18世紀から続く行事

チームカラーのシャツを着た人々が、「人間の塔」の土台をつくろうと集まる。肩の上に人を乗せ、何段にも組み上げるこの行事は、18世紀から続く伝統だ。2010年にはユネスコの無形文化遺産に登録された。2年に1度、スペイン東部の都市タラゴナで開催される競技会でのひとコマ。
写真=DAVID OLIETE CASANOVA

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 凍りついた家
  • ザトウクジラの子
  • 氷の造形
  • 砂漠に現れた虹
  • 砂ぼこりを上げる羊の群れ
  • 即席ハンモック
  • 墓地を舞うインコ
  • 黒い森のキツネ
  • 雲放電
  • ホタルの光跡
  • インドの花火大会
  • ゴーストタウン
  • 花の下で毛づくろい
  • 氷の下の鮮やかな世界
  • カエル、その愛の形