VISIONS

白と黒の世界

ポーランド南部クラクフのグルンバルヅキ橋から見た冬の風景。真っ白な雪が積もったビストゥラ川の岸辺で、黒っぽい服を着た人物がハクチョウとカモとオオバンに餌を与える。白と黒がつくり出した世界だ。
写真=MARCIN RYCZEK

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 凍りついた家
  • ザトウクジラの子
  • 氷の造形
  • 砂漠に現れた虹
  • 砂ぼこりを上げる羊の群れ
  • 即席ハンモック
  • 墓地を舞うインコ
  • 黒い森のキツネ
  • 雲放電
  • ホタルの光跡
  • インドの花火大会
  • ゴーストタウン
  • 花の下で毛づくろい
  • 氷の下の鮮やかな世界
  • カエル、その愛の形