フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2016年7月号

古代ギリシャ 満天の神々

  • ギリシャ南部のスニオン岬。ポセイドン神殿の遺跡が投光器に照らされて、夜の闇に白く輝く。
  • オリンポス山はいくつもの頂が連なる山だ。嵐のなかで輝くミティカスの山頂には、天空と気象をつかさどる主神ゼウスをはじめ最も偉大な神々が住むと、古代ギリシャの人々は信じていた。
  • 酩酊(めいてい)し、サテュロス(半人半獣の山野の精)にもたれかかる酒と芸術の神ディオニュソス。その祭儀では酒飲み競争や集団的狂乱が繰り広げられた。
  • ゼウスの娘、女神アテナをかたどった紀元前4世紀のブロンズ像。戦闘用のいでたちで、胸元には切り殺された怪物メドゥーサの頭部が飾られている。
  • 北西部のドドナはギリシャで最古の神託所とされる。神聖なオークの木を介して下されるゼウスの神託を、神官が解釈して伝えた。
  • ギリシャ中部のデルフォイにあるアテナ・プロナイア神域の遺跡とトロスと呼ばれる円形建造物。巡礼者たちはここで生け贄をささげた後、近くのアポロン神殿で神託を受けたとみられる。
  • 女神アテナが祭られたエレクテイオン神殿は、アテナイのアクロポリスで最も神聖な聖域に建てられた。古代の人々が祭りや競技会、生け贄の儀式や神にささげる行進を行った神殿は、今では観光の目玉となっている
  • この絵には生け贄の羊と楽師たち、儀式の道具を運ぶ女性が描かれている。当時の公の行事には珍しく、宗教儀式では女性が一定の役割を担っていた。
  • 在りし日の死者の姿を大理石の墓に刻んだレリーフ。故人である若い母親と母に手を差し伸べる赤ん坊が浮き彫りにされている。死んだ人間は冥界で裁かれると古代ギリシャの人々は信じていた。
  • マケドニア地方の墓に描かれたラダマンテュスは、3人の審判者の1人だ。
  • 「嘆きの川」アケロンを往来する渡守のカロンが、死者の魂をハデスの冥界に送り届けると、古代ギリシャの人々は信じていた。ギリシャ北西部を流れる現代のアケロン川は、夜は川辺のバーのネオンに照らされ、昼間は観光客や川下りを楽しむ人々でにぎわう。

フォトギャラリー一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

ナショジオクイズ

Q:恐竜のイメージをがらりと変え、今では恐竜研究の標準的な手法となっている医療用技術は次のうちどれでしょう。

  • 内視鏡
  • エコー
  • CTスキャン

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ