フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2016年6月号

アートな太陽熱発電所

  • クレセント・デューンズ太陽熱発電所の発電能力は110メガワット。1万基を超す「ヘリオスタット」と呼ばれる反射鏡を使って太陽の熱エネルギーを集め、2基の溶融塩貯蔵タンクに蓄える。その熱で蒸気を生成し、発電用タービンを回す仕組みだ。需要ピーク時に7万5000世帯の電力をまかなえる。
  • 広大な発電所を空から撮影する。ヘリコプターの離陸は日の出前。明るくなってきたら、ヘリオスタットの配置や角度、影といった細部に集中する。撮影は素早く行わなければならない。理想的な光が差すのは、せいぜい30分間くらいだからだ。
  • 広大な発電所を空から撮影する。ヘリコプターの離陸は日の出前。明るくなってきたら、ヘリオスタットの配置や角度、影といった細部に集中する。撮影は素早く行わなければならない。理想的な光が差すのは、せいぜい30分間くらいだからだ。
  • 広大な発電所を空から撮影する。ヘリコプターの離陸は日の出前。明るくなってきたら、ヘリオスタットの配置や角度、影といった細部に集中する。撮影は素早く行わなければならない。理想的な光が差すのは、せいぜい30分間くらいだからだ。
  • 広大な発電所を空から撮影する。ヘリコプターの離陸は日の出前。明るくなってきたら、ヘリオスタットの配置や角度、影といった細部に集中する。撮影は素早く行わなければならない。理想的な光が差すのは、せいぜい30分間くらいだからだ。
  • 簡単に言えば、このプロジェクトの目的は化石燃料に取って代わるものを記録することだ。しかし、ただ撮影するのではなく、見る人を驚かせるような形状やパターンをとらえて、視覚に訴える作品をつくろうと奮闘している。上空から地球を眺めると、無視できないほどくっきりと、人間の痕跡が目に入ってくる。

フォトギャラリー一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ