フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2016年4月号

生還者が語る「臨死体験」

  • <b>「カウボーイの精霊」が、怖がらなくていいと励ましてくれた。	</b><br>アシュリー・バーネットは、大学時代にテキサス州で車の衝突事故に遭った。骨盤が砕け、脾臓(ひぞう)は破裂し、大量に出血した彼女は、二つの世界をさまよったという。一つは救急隊員が大破した車から彼女を救出しようと奮闘する、混乱と苦痛の世界。もう一つは苦痛も恐怖もない、白い光に包まれた世界だった。数年後にがんが見つかったが、臨死体験のおかげで克服できる確信があったという。今では3児の母で、心的外傷を負った人たちのカウンセリングを行っている。
  • <b>家族に会おうと階段を上っていくと、自分の脚が消えていった。	</b><br>整形外科医のトニー・シコリアは、ニューヨーク州北部のスリーピー・ホロー湖へ家族とピクニックに出かけ、母親に電話をかけようとして落雷に遭った。雷の電流が電話機から頭部へと流れ、心停止に陥った。魂が体を離れ、青白い光の方へ進んで、神と一体になろうとしたという。臨死体験の後、回復した彼は突然クラシック・ピアノに目覚め、メロディーが次々に湧いてくるようになった。今では「天国の音楽」を伝えるために、自分は生かされたのだと信じている。
  • <b>悲嘆に暮れる義父が、チョコレートバーを買うのを見た。</b><br>トリシア・バーカーは車の正面衝突で重体に陥り、テキサス州オースティンの病院に搬送された。手術中に魂が体から抜け出て、室内を見ているのを感じたという。手術室から廊下に出ると、義父が思い詰めた様子で自動販売機の前に立ち、チョコレートバーを買っているのが見えた。このことを義父は誰にも話していないが、自分は知っている。それが体外離脱の証拠だと、彼女は信じている。大学教授として文章作法を教えている今も、「あちら側」で一緒だった精霊たちが導いてくれるという。

フォトギャラリー一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:米国の五大湖すべてを足した面積に近いのは次のうちどれでしょう。

  • 北海道
  • 日本の本州
  • 日本全土

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ