フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2016年3月号

イラクのクルド人 踏みにじられる未来

  • 過激派組織「イスラム国」(IS)と戦闘中の前線から3 時間ほどの湖畔で、ピクニックを楽しむクルド人一家。
  • 顔を隠してカメラの前に立つ3人は、イラク北部で独自の信仰を守る少数派、ヤジディの女性たち。中央に立つ年長の女性の娘(左)と義理の娘(右)はISの戦闘員と強制的に「結婚」させられたが、命からがら脱走して、クルド人自治区の難民キャンプに逃げ込んだ。建物の2階の窓から飛び降りて逃げた娘は、「生きて出られるとは思いませんでした」と話す。
  • 主要都市キルクークの南に位置する前線付近で、バレーボールを楽しむクルド人兵士たち。2014年にISが侵攻、イラクの諸都市を制圧すると、クルド人自治区の軍隊であるペシュメルガは、ISに対抗しうる数少ない勢力の一つとなった。
  • イラク北部、スレイマニヤ大学の卒業式。伝統衣装の学生もいれば、欧米風の服装の者もいる。この世代のクルド人は、かつてない自由を享受してきた。ある学生は言う。「望めば勉強はできるけれど、戦争のせいで無駄になるかも」
  • 数百人の生徒が通う学校で校長を務めるムダフェル・アブドゥル・ナリは、アルバトの難民キャンプでテントに仮住まい中だ。イラクでは多くのアラブ人が難民となって、北部のクルディスタン地域に逃げ込んでいる。「クルド人が守ってくれるおかげで、ここは安全です」とナリは話す。
  • イラン国境に近いジャラウラで、破壊された市内を視察する市長代理。この町はペシュメルガとISの激戦の舞台となった。ISの軍勢は排除できたが、あちこちに隠された爆弾を撤去するまで住民は戻れない。
  • クルディスタン北部の都市ザーホーにある士官学校を訪れた自治政府のマスード・バルザニ大統領が、士官候補生の女性たちを激励する。クルディスタンはイラク領内の自治区だが、独自の議会と軍隊をもつ。
  • キルクーク南方の前線付近の検問所で、子どもたちを連れたアラブ人女性がクルド人支配地域に入れてほしいとペシュメルガの兵士に懇願する。クルディスタンでは過去2年間で100万人を超す難民を受け入れ、そろそろ限界ではという声もある。
  • ISに殺された家族の写真を掲げるヤジディの一族。北部のシンジャール近郊から脱出を試み、男性たちは殺された。「毛布の下に隠れていたら銃声が聞こえた。父さんもおじさんたちも、みんな死んだ」と、少年の一人が話す。
  • 「バー52」は、クルディスタン地域の中心都市アルビルにある、外国人に人気のナイトスポットだ。石油景気に沸くアルビルには多くの外国人がやって来る。彼ら目当てのバーやクラブも増え、眉をひそめるクルド人もいる。
  • クルディスタン地域の行楽地として人気のドゥーカーン湖で、一人の男性が靴を脱ぎ、午後の祈りをささげていた。イラクに暮らすクルド人の大部分はイスラム教スンニ派で、周辺のアラブ人、ペルシャ人、トルコ人とは異なる文化と言語を保っている。
  • 前線から戻り、アルビル郊外で車を待つペシュメルガの兵士たち。背後にそびえる未完成の高層ビル群は、希望にあふれた時代の名残だ。「給料は何カ月も未払いだけど、それでもいい。僕たちはクルディスタンのためなら死ぬ覚悟です」と一人が言った。

フォトギャラリー一覧へ

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:チーターの違法取引が横行しているアフリカ東部のソマリランド。ソマリアからの分離独立を一方的に宣言しているこの共和国が位置する半島一帯は何とよばれているでしょう?

  • アフリカの角
  • アフリカの耳
  • アフリカの鼻

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ