フラッシュバック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界の百年

- APRIL 2015 -

巨大な葉の下で

 ここはハワイのマウイ島。ハレアカラ火山の斜面に生い茂る葉っぱの下に、人間らしき姿が小さく見える。ルーペでのぞくと、口ひげを蓄えた男性だった。周囲に生えた多年草の「アペアペ」が、あまりにも巨大なのだ。「この小さな渓谷は温室のように暖かく、湿った空気のにおいがする」と、説明が添えられている。


 この写真が掲載されたのは、ナショナル ジオグラフィック英語版の1924年2月号。当時まだ米国の自治領だったハワイ諸島を特集し、「火山と植物のワンダーランド」と呼んで紹介している。

――マーガレット・G・ザコウィッツ

写真=GILBERT H. GROSVENOR, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE

フラッシュバック一覧へ

  • 高いところはお任せ!
  • 美しい洞窟での痛い裏話
  • 残された絵と消された絵
  • 100年前の海の楽しみ方
  • 街にはためく大きな国旗
  • 高い所から何を見る?
  • 命知らずな見物
  • 華やぐ街へ向かって
  • 革命を見ていた目
  • 一番乗りは逃したけれど

日経ナショナル ジオグラフィック 翻訳講座 秋期受講生募集中 詳しくはこちら

記事ランキング

ナショジオクイズ

Q:写真は14世紀のペストの大流行で亡くなった遺骨。このペスト菌を発見した日本人といえば誰でしょう。

  • 野口英世
  • 杉田玄白
  • 北里柴三郎

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ