VISIONS

目力ありすぎる魚

インドネシア・スラウェシ島の東にあるレンベ海峡で、黒い火山性の砂から顔をのぞかせたミシマオコゼ。体長は約30センチ。特徴的な大きな目は、英語名「Stargazer(星を見つめる者)」の由来となった。こうして砂の中に身を潜め、獲物を待ち伏せする。
写真=JENNIFER JO STOCK

VISIONS一覧へ

「VISIONS」最新記事

  • 衝突寸前の氷山
  • 2時間かけて上る「演説台」
  • サメと泳ぐサンタ
  • まるで電子基板
  • 氷の融解が進む北極圏
  • 煙に包まれるアマゾン
  • 木のように見える川
  • 波に乗る人、撮る人
  • ラクダのあくび
  • なんの稚魚?
  • 祭りの装い
  • 舞い降りたチョウの大群
  • 悪魔の踊り
  • 餌に誘われて
  • エリトリア人のウェディング