VISIONS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目力ありすぎる魚

インドネシア・スラウェシ島の東にあるレンベ海峡で、黒い火山性の砂から顔をのぞかせたミシマオコゼ。体長は約30センチ。特徴的な大きな目は、英語名「Stargazer(星を見つめる者)」の由来となった。こうして砂の中に身を潜め、獲物を待ち伏せする。
写真=JENNIFER JO STOCK

VISIONS一覧へ

ナショジオクイズ

Q:森林火災を防ぐため、オーストラリア先住民の人々が復活させた伝統的手法とは?

  • 火入れ
  • 植林
  • 放牧

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ