フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年12月号

日本のエクスプローラー 河江肖剰 ピラミッドの実像に迫る

  • エジプトのギザに立つ、クフ王の大ピラミッド。この無数の石材はどうやって積み上げられたのか。
  • ピラミッド建設の監督官を務めたウセル・プタハの浮き彫り。ギザにある建設労働者の墓地に残る。エジプトの著名な考古学者ザヒ・ハワスが、この遺跡の発掘を指揮した。
  • 河江は、米国古代エジプト調査協会のメンバーとして、ピラミッドを造った労働者の町「ピラミッド・タウン」の発掘調査に10年以上前から携わっている。写真は、2011年に邸宅跡を発掘中の河江(左)。
  • パリのルーブル美術館に立つピラミッド。大ピラミッドとは異なり、内部構造がよく見える。四角錐の建造物は現代人をも魅了している。

フォトギャラリー一覧へ

ナショジオクイズ

Q:こちらの写真は地中海の海底。ダイバーたちが見つめる先にあるモノは何でしょう?

  • つぼ
  • 魚雷
  • 巻貝

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ