フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年11月号

温暖化を味方にする動物は?

  • <b>オオキアシシギ</b><br>今のところは変化する環境に適応している。特に米国南部の内陸部を中心に、多くの個体が確認されている。気候変動に伴い、生息可能な土地は倍増する可能性があるが、果たしてそこに進出するのか、また、夏の暑さに耐えられるのかなど、不明な点もある。<br>撮影地:米国オクラホマ州タルサ動物園
  • <b>トナカイ</b><br>すでに生息地の縮小に苦しんでいるが、今後は食料不足のおそれもある。温暖化の影響で増える雪や雨が、冬の食料である地衣類を覆ってしまうためだ。夏には干ばつが増え、成長の遅い地衣類を焼き払う森林火災を引き起こす。<br>米国ニューヨーク州立動物園
  • <b>ウシガエル</b><br>貪欲な捕食者で、両生類特有の感染症を媒介する。侵略的外来種として悪名高く、北米から世界各地へ拡散している。気候変動で生息しにくくなる地域もあるが、生物多様性に富んだ別の地域で進出が増えれば、在来種への悪影響が懸念される。<br>米国ネブラスカ州ベネット
  • <b>ホッキョクギツネ</b><br>生息地の永久凍土が解けると、ホッキョクグマが食べ残すアザラシや、子ギツネの餌となるレミングが少なくなる。さらに、適応力の高いアカギツネが北上してくると、競争にもさらされる。<br>米国カンザス州グレートベンド・ブリットスポー動物園
  • <b>メリアムカンガルーネズミ</b><br>米国南西部とメキシコに生息。すでに乾燥した環境に適応し、これまでの気温上昇にもたくましく生き延びてきた。繁殖サイクルが短く、環境が良いときにのみ繁殖活動をする。多種多様な虫や種子などを食べ、一部の昆虫や植物が姿を消しても食料には困らないのが強み。<br>米国テキサス州フォートワース動物園
  • <b>メガネケワタガモ</b><br>特殊な生息環境が必要なために、生存が危ぶまれている北方のカモ。冬は、水温が低く、栄養豊富なベーリング海の狭い海域に集まり、貝などを捕食する。だが海氷の後退に伴い、越冬地の食料が減少。夏の繁殖地であるツンドラの環境も変化している。<br>米国アラスカ州アラスカ・シーライフ・センター
  • <b>カリフォルニアプロングホーン</b><br>保護によって急速に個体数が回復した仲間もいるが、メキシコのバハ・カリフォルニア半島南部にすむこの亜種は100頭足らず。飼育下で増やし、野生に戻す計画が進行中だ。砂漠に適応した有蹄類(ゆうているい)だが、気温の上昇と降水量の減少が進めば、食料の草木に影響する。<br>米国カリフォルニア州ロサンゼルス動物園
  • <b>ブルトラウト</b><br>冷たい水を好む。ロッキー山脈の生息地は70年以内に半減するおそれがある。だが気温が上昇しても、水温の低い源流域では生息できると考えられ、ほかの種の侵入にも負けないだろう。産卵と生育に必要な遡上を妨げないことが肝心だ。<br>カナダ ブリティッシュコロンビア州ビッグホーンクリーク
  • <b>シロビタイキツネザル</b><br>気候変動の影響で、マダガスカルの生息地は今後70年で約3分の2が消滅するおそれがある。それでも気候だけが障害なら、影響の少ない低地や山間地の生息域で生き残れる可能性はある。しかし、焼畑農業や人口増加といった別の要素が加われば、楽観はできない。<br>米国フロリダ州ネープルズ動物園
  • <b>ヒゲペンギン</b><br>氷の無い海を好むため、南極の氷床が解けたことによって、この50年でその数を急速に増やした。だが、食料となるオキアミが食べる藻類は、紫外線の増加で壊滅寸前。しかも、やはりオキアミを食べるクジラの個体数が回復し、ペンギンの分け前はますます減っている。<br>米国ケンタッキー州ニューポート水族館
  • <b>アメリカイヌカクマダニ</b><br>気候変動で、ダニの生態に変化が見られる。寄生する宿主や、ロッキー山紅斑熱や野兎病(やとびょう)といった、ダニが媒介する感染症の伝播にも影響が出ている。ただし、人への感染率は上昇している地域と低下している地域があり、一定ではない。その一方で、米国東部のクロアシマダニなどは、従来よりも数週間早く越冬場所から出てきて食料を探すようになり、新たな環境に適応している様子がうかがえる。<br>米国ネブラスカ州リンカーン
  • <b>ベンガルトラ</b><br>野生の個体数は激減し、現在は約3000頭だ。世界自然保護基金は、バングラデシュのスンダルバンスで予測通り海面が2000年を基準に28センチ上昇すれば、生息地の大部分が水没すると指摘。幸いブータンでは、森林が高地まで広がるにつれて、トラは北部の草原へ移動すると考えられる。だがそうなった場合、ユキヒョウが生息地を追われるか、トラの餌食となる可能性もある。<br>米国アラバマ州アラバマガルフコースト動物園

フォトギャラリー一覧へ

ナショジオクイズ

キリン科の動物は次のうちどれ?

  • シマウマ
  • オカピ
  • トムソンガゼル

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ