フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年10月号

南極で出会った生き物たち

  • 昭和基地周辺の沿岸で休息中のウェッデルアザラシ。
  • 深夜、白夜の光で幻想的な色に染まった氷の上にアデリーペンギンたちが現れた。(くわしくは田邊優貴子さん連載「南極なう!」第10回をご覧ください)
  • 昭和基地周辺の湖の底で見つけた、タケノコのような形の植物群落「コケボウズ」。
  • 月が浮かんだ亜南極の空に、ハイガシラアホウドリが悠々と舞っていた。
  • 氷の世界の皇帝? まるまると太った体が貫禄たっぷりのコウテイペンギンが、氷の上を腹ばいで移動する。
  • 岩に張りついて暮らす色とりどりの地衣類。南極大陸の陸上では、こうした地衣類や藻類、コケなどが生態系のトップに位置することが多い。
  • 岩の間をのぞいてみると、巣の中で身を寄せ合うユキドリのつがいがいた。夏になると、子育てのため陸上にやってきて営巣する。(くわしくは田邊優貴子さん連載「南極なう!」第12回をご覧ください)
  • 海辺で出会ったウェッデルアザラシ。人間をほとんど警戒する様子がない。

フォトギャラリー一覧へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

クズリというこの動物で正しいのは?

  • イタチ科
  • クマ科
  • スカンク科

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ