水族館で芸を披露するために捕獲され、飼育されているイルカやシャチは世界中で数千頭にのぼる。今、各地で彼らを野生に返す試みが始まっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

水族館から大海原へ

水族館で芸を披露するために捕獲され、飼育されているイルカやシャチは世界中で数千頭にのぼる。今、各地で彼らを野生に返す試みが始まっている。

文=ティム・ジマーマン

 イルカのトムとミーシャは、2006年頃にエーゲ海で捕獲されたらしい。
 捕獲された当初はトルコの海辺の町にあるレジャー施設で飼育され、その後、2010年6月にヒサリョニュという山あいの町へトラックで運ばれた。粗末なコンクリート製の水槽に入れられた2頭は、およそ6000円相当の料金を支払った客を背びれにつかまらせて10分間泳ぐという仕事をさせられた。

 その年の9月初旬、このままでは2頭の命が危ないと考えた英国の野生動物保護団体「ボーン・フリー財団」が介入し、トムとミーシャを引き取った。2頭はこうして、トルコの沖合に設けられたいけすへと移されたのだ。

イルカを海に戻すための“リハビリ”に挑戦

 ボーン・フリー財団は「2頭の健康を回復し、再び野生のイルカとして生きていくために必要なことを教え、エーゲ海に戻す」という極めて野心的な目標を掲げた。その協力者として雇われたのが海洋哺乳類の専門家ジェフ・フォスターだ。

 飼育下に置かれた野生のイルカを、再び元の環境に戻す作業は、実は想像以上に難しい。体の構造やDNAが変わるわけではないのに、いったん人間に飼育されたイルカは、さまざまな意味で別の生き物になってしまう。彼らを野生に返すには、単に生きた魚の捕り方を教え、人間との接触を減らし、海へ放てばいいというわけではなかった。

 フォスターはあえて不自然なアプローチをとる必要があると判断し、世界中のトレーナーがイルカに芸を仕込む際に用いる道具と手法で2頭を訓練することにした。笛や指示棒を使い、正しい行動に対してのみ報酬を与える「オペラント条件づけ」という学習方法を実施したのだ。

 2012年5月9日、成功を予感させる爽やかな青空の下、ボーン・フリー財団のスタッフと支持者が大勢集まった。トムとミーシャの背びれには追跡用の発信器が装着されていた。
 すべての準備が整った。ダイバーがいけすに潜り、出入り口のファスナーを開ける。緊張の瞬間だ。
 だが、トムもミーシャもいけすの中をのろのろと旋回するばかりで外へ出ようとはしない。そのまま20分ほどたち、気まずい空気が漂い始めたところで、若手トレーナーが2頭に最後の指示を出した。右手を高く挙げ、体の左側に向けて斜めに振り下ろす。「A地点からB地点へ行け」という合図だ。指示に従い、トムがいけすの外に出た。それでもまだ、10メートルほど離れたところで止まっている。

 ミーシャはいつも通りトムの後をついていったが、急に速度を上げ、トムを追い越して湾の出口へ向かって猛スピードで泳ぎ去った。トムも負けじと追いかける。長いこと人間に飼われていた2頭は外洋に出たとき、どんな反応を見せるのか…そんな心配は一気に吹き飛んだ。
「6時間後には、2頭とも海で生きた魚を捕まえて食べ、ほかのイルカと一緒になって泳いでいました。大成功ですよ」と、フォスターは語る。

※この続きは、ナショナル ジオグラフィック2015年8月号でどうぞ。

編集者から

 イルカやシャチの賢さを知れば知るほど、不適切な方法で捕獲・飼育されている動物たちのことを考えたときに、胸が痛みます。
 特集の筆者が共同製作者を務めたドキュメンタリー映画『ブラックフィッシュ』は、2010年に米国の「シーワールド」で起きたトレーナーの死亡事故がきっかけで製作されました(トレーナーを死亡させたのは、ティリクムという雄のシャチで、今回の特集でも写真が紹介されています)。映画は日本では公開されなかったようですが、インターネット上の予告映像を見てみました。恐ろしげな音楽や映像が多用されていて、演出的に少し偏った部分もあるかと感じましたが(本編をちゃんと見たら、私は二度と水族館に行けなくなりそうです)、イルカやシャチの飼育展示について多くの人が考えるきっかけとなるなら、意義のある作品なのかもしれないと思いました。(編集M.N)

この号の目次へ

翻訳講座

ナショジオクイズ

写真は西アフリカのニジェール。ここで何をしているのでしょうか?

  • 織物
  • 井戸掘り
  • 金鉱探し

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ