フォトギャラリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ナショナル ジオグラフィック日本版 2015年4月号

マチゲンガ族との交流

  • ペルーのアマゾン川流域で焼き畑と狩猟採集の暮らしを営む先住民マチゲンガ族が、家族で手をつなぎ、川を渡る。関野とこの一家は、40年来の付き合いだ。1976年撮影。
  • 父親のトウチャンと、母親のカアチャン。関野のつけた名を一家は使い続けた。
  • 次女のオルキーディア、5歳。緊張してカメラを見つめる。
  • 6男のゴロゴロ、10歳。ヤシの木をくりぬいたカヌーで遊んでいる。
  • オルキーディア、15歳。川で水浴びした後、森の中でひと休みしているところ。
  • ゴロゴロ、12歳。精悍な顔つきになってきた。1984年撮影。
  • 2003年に訪ねていくと、カアチャンは洋服を着ていた。孫は町のハイスクールに進学して寮に入り、携帯電話を持つようになった。
  • 2012年に再会したとき、オルキーディアは推定44歳(左)、ゴロゴロは40歳(右)。二人とも結婚して、子どもも孫もいた。

フォトギャラリー一覧へ

ナショジオクイズ

Q:ペルーのアンデス山脈では、劣悪な環境下で黄金を探す人たちがいます。金鉱の入り口近くにあるこの町で暮らす女性たちの多くがやらないことは次のうちどれでしょう。

  • 金鉱で誰とも話さない
  • 金鉱に立ち入らない
  • 金鉱で何も食べない

答えを見る

ナショジオとつながる

会員向け記事をお読みいただけます。

ナショナル ジオグラフィック バックナンバー

ナショナルジオグラフィック日本版サイト

広告をスキップ