凧揚げと大根

ナショナル ジオグラフィック協会 写真資料室から

2021.12.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
本誌未掲載(白黒写真に手で彩色)(写真: ELIZA R. SCIDMORE)
本誌未掲載(白黒写真に手で彩色)(写真: ELIZA R. SCIDMORE)
[画像のクリックで拡大表示]

 凧(たこ)揚げをしている子どもたちのそばで、たくさんの大根が木につるされている。ナショナル ジオグラフィックの写真アーカイブを検索しているときにこの写真を見つけ、思わず目を留めた。

 面白い光景だが、撮影時期や場所がわからない。米国ワシントンの本部に保管されている写真プリントの裏に、手がかりとなる情報が記載されているだろうか。そう思って、担当者に調べてもらったものの、書かれていたのはこれだけだった。「凧揚げ。小さな木につるしてある大根は、畑から抜いて洗ったばかりのもので、この後市場へ運ばれていく」

 この写真を撮ったのは、100年以上前に本誌の記者と写真家として活躍したエライザ・R・シドモア。1856(安政3)年に米国で生まれ、ナショナル ジオグラフィック協会の理事も務めた女性だ。1884(明治17)年からたびたび日本を訪れた親日家で、そのときの記録を本誌に寄稿したほか、著書『シドモア日本紀行』としても残している。1925(大正14)年にスイスのジュネーブに移住し、28年に同地で永眠した。このことから考えると、撮影時期は明治半ばから大正であるとは言える。

 今でもこんな風景は見られるだろうか。凧と大根畑を探して、どこか遠くを旅してみたいと思った。

おすすめ関連書籍

2022年1月号

写真が記録した2021:辛抱の日々/コロナ禍/気候変動/対立・紛争/保護・保全

気候変動、紛争、コロナ禍、そして私たちに勇気をくれる保護活動。2021年に撮影され、ナショナル ジオグラフィックのアーカイブに加わった膨大な写真から、この1年の出来事を振り返ります。

定価:1,210円(税込)

おすすめ関連書籍

一〇〇年前の世界一周

ある青年が撮った日本と世界

大戦前の世界がいきいきとよみがえる!――100年前の日本の姿は、ひとりのドイツ人青年の心を動かした。

定価:3,080円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加