編集長、京都で川下り

英語版1959年12月号より

2022.06.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ナショナル ジオグラフィック英語版1959年12月号より(写真: MELVILLE B. GROSVENOR)
ナショナル ジオグラフィック英語版1959年12月号より(写真: MELVILLE B. GROSVENOR)
[画像のクリックで拡大表示]

 小舟を操る船頭の先で白波を立てる急流。京都を流れる保津川の川下りだ。1959(昭和34)年12月号の特集「世界をめぐった1年」の1枚。

 この臨場感あふれる写真を撮影したのは、当時の英語版編集長で、ナショナル ジオグラフィック協会の会長でもあったメルビル・B・グロブナー。妻とともに世界一周の旅をしている途中で、日本に立ち寄った。日光や鎌倉、箱根を経て、最後に訪れたのが京都。そこで夫妻は友人に誘われて、保津川の川下りを楽しんだ。だが、妻のアンにはそれ以上に印象に残ったものがあったようだ。「宇治の市街地の近くにお茶の産地̶あらゆる種類のお茶を買えるし、お茶のキャンディや抹茶アイスまである」と旅のメモに書き残している。

 当時は35ミリのフィルムが使われていた時代。もともと写真家だったグロブナーは、世界一周の旅でコダクロームなど、数種類のカラーフィルムを使っている。この写真がどのフィルムで撮影されたかは不明だが、日本各地をめぐったときには、新しく手に入れたエクタクロームの高感度フィルムも試しに使っていたようだ。「これで雨の日でも晴れの日でも撮影できる」とグロブナーは喜んでいた。

この記事はナショナル ジオグラフィック日本版2022年7月号に掲載されたものです。

おすすめ関連書籍

2022年7月号

都会に生きる野生動物/私たちはここにいる/海に消える愛する村/よみがえるアッピア街道/オートクロームの世界

コヨーテからクマまで、自然の生息域が縮小するなか人間のすぐ近くでうまく暮らしている動物たちがいます。特集「都会に生きる野生動物」でレポート。このほか、沿岸部の水没が著しいインドネシアのジャワ島、イタリア政府が再興する古代ローマのアッピア街道など5本の特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

おすすめ関連書籍

プロの撮り方 完全マスター 新装版

多くの写真家に撮影の教科書として使われているベストセラーを、手に取りやすい普及版にして発売!

定価:3,410円(税込)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加