ナショナル ジオグラフィック英語版1969年9月号より。写真:WINFIELD PARKS
[画像をタップでギャラリー表示]

 高くそびえる石垣の下で、たくさんの人たちが熱心に何かを見ている。囲いの真ん中にいるのは、頭を突き合わせた2頭の牛たち。これは沖縄で人気の娯楽、闘牛だ。本土復帰前の日常をレポートした1969(昭和44)年9月号の特集「沖縄、国のない島」に掲載された。

 闘牛といっても、対戦するのはスペインのような牛と闘牛士ではなく、牛と牛。「勢子(せこ)」と呼ばれる闘牛士が大きなかけ声であおると、牛同士が頭で押し合ったり、角をからませたり、腹を角で突いたりする技のかけ合いが繰り広げられる。「流血はほとんどなく、どちらか1頭が疲れて勝負をやめると、もう1頭の勝ちになる」と写真の説明にある。簡単にいうと、逃げた方が負けというわけだ。

 闘牛場の場所は「中城(なかぐすく)城の近く」だと、元の記事には書かれているが、調べたところ、石垣の形や看板の位置などから、うるま市にある14世紀頃の安慶名(あげな)城跡だということがわかった。

 うるま市は闘牛がさかんな街で、2007年にはドーム型の闘牛場が新たに完成し、年間20回ほどの大会が開催される。安慶名の闘牛場は使われなくなり、2020年に入って感染症の流行による中止もあるが、闘牛は今も沖縄の人々に親しまれている。

この記事はナショナル ジオグラフィック日本版2020年6月号に掲載されたものです。

おすすめ関連書籍

日本の100年

1894年12月号から2012年2月号までの約120年にわたり、ナショナル ジオグラフィック誌に取り上げられた日本の記事60本以上を、当時の掲載写真とともに紹介します。

定価:本体3,800円+税

おすすめ関連書籍

2020年6月号

第2次大戦終結から75年/氷とコウテイペンギン/動き回る動物たち/女性政治家たちの苦闘/米西海岸 スケボー天国/

推定6600万人もの死者を出した第2次世界大戦の終結から75年。特集「大戦の記憶をつなぐ」では、米国、ヨーロッパ、ロシア、日本で、存命の数少ない戦争体験者から当時の貴重な証言を聞きました。このほか、温暖化が進む南極でコウテイペンギンの現状をレポートした「氷とコウテイペンギン」、グラフィックで楽しむ「動き回る動物たち」など5本の特集を掲載。

定価:本体1,100円+税

写真:WINFIELD PARKS