ナショナル ジオグラフィック英語版1921年7月号より(白黒写真に手で彩色)(写真:KIYOSHI SAKAMOTO)
ナショナル ジオグラフィック英語版1921年7月号より(白黒写真に手で彩色)(写真:KIYOSHI SAKAMOTO)
[画像をタップでギャラリー表示]

 二人の女性が眺めているのは花菖蒲(はなしょうぶ)。1921(大正10)年7月号に掲載された1枚で、東京の堀切(現在の葛飾区内)にあった菖蒲園の一つで撮影された。この地の菖蒲園は「日本で最も有名」だと紹介されている。

 堀切は江戸時代後期から花菖蒲の名所として知られ、大正後期には小高園、武蔵園、吉野園、堀切園、四ツ木園という5カ所の菖蒲園が堀切にあった(写真がどれかは不明)。しかし、昭和に入ると、周囲の環境悪化や戦争の影響を受け、1942年までに堀切の菖蒲園は姿を消した。

 だが、戦後に再開された菖蒲園が1カ所だけある。堀切園だ。戦時下の食糧難を解消するために水田化されていたものの、花菖蒲の貴重な品種は近隣の足立区に疎開されていた。終戦から8年たった1953年には、それらが植え戻され、菖蒲園は復活を遂げた。59年には都に買収され、75年には葛飾区に移管されて、現在の区立堀切菖蒲園となった。

 京成電鉄の最寄り駅から菖蒲園へ歩いていくと、道沿いには「菖蒲七福神」の石像がずらりと並び、歩道や街灯には花菖蒲の絵があしらわれていて、堀切とこの花との深いつながりを感じる。現在の菖蒲園は首都高や住宅に囲まれているものの、一歩足を踏み入れれば、石碑や案内板からその長い歴史が伝わってくる。白や紫の花々が庭園を彩る6月には、大勢の人でにぎわうのだろうか。

この記事はナショナル ジオグラフィック日本版2022年6月号に掲載されたものです。

おすすめ関連書籍

2022年6月号

触れ合いのパワー/フィリピンのサンゴ礁/復活するスペインオオヤマネコ/聖なる川を流れ下るプラスチック

6月号のカバーストーリーは「触れ合いのパワー」。手を握ったり、抱き合ったりすることは私たちの健康にどのような効果があるのか?“触れる”の謎に挑戦する研究の最前線を追いました。このほか、絶滅寸前だったスペインオオヤマネコの復活劇、気候変動と乱獲の影響が深刻になるフィリピンのサンゴ礁、海洋汚染の大きな源になっているガンジス川などの特集をお届けします。

定価:1,210円(税込)

おすすめ関連書籍

それでも世界は美しい。

ネット上でもっとも多くの「いいね!」を集めている気鋭の写真家約163人による、時代を象徴する写真245点を楽しめる、贅沢な1冊。

定価:1,980円(税込)