ナショナル ジオグラフィック英語版1960年12月号より。写真:JOHN LAUNOIS, BLACK STAR

 2階の窓に映った妖しい人影。女性が男性に酒をついでいるのだろうか。1960(昭和35)年12月号に掲載された札幌の夜の街角だ。詳しい撮影場所は不明だが、通りの向かいに「薄野(すすきの)みなみ」という看板が見えることから、おそらく札幌の有名な歓楽街の酒場なのだろう。

 電柱に掲げられた産婦人科の広告から場所の見当をつけ、すすきのの南側を歩いてみた。古い市場で尋ねたところ、どうやら1959年頃に同名の店がこの界隈(かいわい)にあったようだ。その場所に行ってみると、今はジンギスカン店になっていて、酒場の面影はまったくない。無数の飲食店がしのぎを削り、変わり続ける夜の街。そこで生き残る難しさ、そして、雪まつりの雪像にも似たはかなさを、しみじみと感じた。

この記事はナショナル ジオグラフィック日本版2020年2月号に掲載されたものです。

おすすめ関連書籍

日本の100年

1894年12月号から2012年2月号までの約120年にわたり、ナショナル ジオグラフィック誌に取り上げられた日本の記事60本以上を、当時の掲載写真とともに紹介します。

定価:本体3,800円+税

おすすめ関連書籍

2020年2月号

多様になる美しさ/米国最後の奴隷船/分断される大草原/フラミンゴのボブ/カルダモンの森へ

2月号の特集「多様になる美しさ」では、ソーシャルメディアの普及などを背景に、大きく変わりつつある美の定義について取り上げます。そのほか、子孫たちが語り始めた「米国最後の奴隷船」、野生に戻れなくなったフラミンゴと地元の人々との交流を綴った「フラミンゴのボブ」など、特集5本を掲載!

定価:本体1,028円+税

写真:JOHN LAUNOIS, BLACK STAR