ナショナル ジオグラフィック英語版1938年1月号より。写真:NIPPONFOTO
[画像をタップでギャラリー表示]

 ここは東京の都心から300キロほど南の太平洋に浮かぶ八丈島。牛の乳を搾るのは着物姿の女性だ。「この女性が搾った牛乳は、バターとなって東京へ売られる」と、1938(昭和13)年1月号に書かれている。

 山がちで平野に乏しい八丈島では、江戸時代から牛が多数飼われ、荷物の運搬に利用されていた。乳牛が導入されたのは、明治時代に入ってからだ。バターの製造も始まり、1923年には乳製品の工場が設立された。乳牛の数も増え、42~44年には1日の集乳量が10トン余りあったという。しかし戦後、花卉(かき)園芸に転向する農家が増えるにつれて、酪農は衰退。今は新しい民間会社が「酪農の島」の復活を目指す。

この記事はナショナル ジオグラフィック日本版2021年2月号に掲載されたものです。

おすすめ関連書籍

日本の100年

1894年12月号から2012年2月号までの約120年にわたり、ナショナル ジオグラフィック誌に取り上げられた日本の記事60本以上を、当時の掲載写真とともに紹介します。

定価:4,180円(税込)

おすすめ関連書籍

2021年2月号

ウイルスの世界/新天地を目指す女性たち/コスタリカ 野生の楽園/モニュメントは何のため?

2月号の特集「私たちはウイルスの世界に生きている」では、時には人々の生命を奪うウイルスが、生物の進化で果たしてきた役割について取り上げます。「コスタリカ 野生の楽園」はコロナ禍で保護活動が危機に直面している現地の状況をレポート。このほか、「新天地を目指す女性たち」「モニュメントは何のため?」などの特集を掲載。

定価:1,210円(税込)

写真:NIPPONFOTO