• タテゴトアザラシは氷の上で生まれる。子どもが生きるためには安定した氷が必要だが、セントローレンス湾の海氷量は年々、予測が困難になっている(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • カナダ・ケベック州、セントローレンス湾内に浮かぶマドレーヌ諸島は、北西大西洋に2カ所あるタテゴトアザラシの繁殖地の1つだ。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • 生まれたばかりのタテゴトアザラシの赤ちゃん。体が黄色っぽいのは羊水の名残。ピンク色の胎盤も見える。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • 鼻先を合わせて親子関係を確認するタテゴトアザラシ。母親は匂いだけで自分の子を認識できる。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • タテゴトアザラシは2月末から3月初旬に氷の上で出産し、12〜15日間授乳する。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • タテゴトアザラシの子は生まれてすぐに氷の海で泳ぎ方を学ばなければならない。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • タテゴトアザラシの子は、黒曜石のような瞳と、チャコールグレーの鼻、雲のように柔らかい毛皮をもつ、地球上で最も魅力的な動物の1つだ。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • 気候変動でますます予測不可能になってゆく世界では、同じシーズンでもより早い時期に生まれた赤ちゃんの方が有利になる。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • 母親による授乳が終わると、子どもは自分で狩りができるようになるまで約6週間何も食べずに過ごす。その間、体重は半分ほどに減少することもある。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

  • タテゴトアザラシの群れ。真っ白い子アザラシは目につきにくい。(PHOTOGRAPH BY JENNIFER HAYES)

おすすめ関連書籍

海に生きるいのち

ナショジオの水中・海洋写真家の巨匠デビッド・デュビレとポール・ニックレンの2人が撮った、海の生きものの傑作写真集。

定価:本体1,850円+税

おすすめ関連書籍

写真家だけが知っている 動物たちの物語

世界で最も権威のある写真賞の一つ「ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・イヤー」の受賞作品のなかから、記憶に残る魅力的な作品を厳選。

定価:本体2,300円+税