• フェルベドウロはブラジル、ジャラポン州立公園のユニークなカルスト泉。南米最大のサバンナであるセラード(セハード)のオアシスだ。写真は最大のフェルベドウロとして知られるフェルベドウロ・ドゥ・セイカ。(PHOTOGRAPH BY JAMIE DITARANTO)

  • 金色の砂丘から眺める夕日。2001年にブラジルの州立公園となったジャラポンの見どころの一つだ。近くの山の自然浸食によって、この砂丘が形成された。(PHOTOGRAPH BY JAMIE DITARANTO)

  • フェルベドウロ・ドゥ・リオソノ。一度に8人までという人数制限がある。(PHOTOGRAPH BY JAMIE DITARANTO)

  • チリ、トーレス・デル・パイネ国立公園の南パタゴニア氷原から流れ出るグレイ氷河。パタゴニアの細長い山の間を流れる全長20キロ弱の氷河だ。(PHOTOGRAPH BY SORIN COLAC, ALAMY STOCK PHOTO)

  • ベネズエラの辺境を流れるチュルン川。雲に覆われたアウヤンテプイの一角からエンジェルフォールが流れ落ちる。世界最大の落差を持つ滝で、ナイアガラの滝の19倍近い約800メートルの落差を誇る。(PHOTOGRAPH BY JANE SWEENEY, GETTY IMAGES)

  • エクアドルの首都キトの郊外にそびえるコトパクシ山。完璧な円すい形を持つ標高6000メートル級の火山だ。(PHOTOGRAPH BY AMMIT, ALAMY STOCK PHOTO)

  • ブラジル北部のレンソイス・マラニャンセス砂丘。マラニャン州のシーツを意味する真っ白な大砂丘だが、1〜6月の雨期には、砂のくぼみが青緑色の湖になり、オオカミウオが現れる。(PHOTOGRAPH BY YANN ARTHUS-BERTRAND, GETTY IMAGES)

  • ペルー南部のパラカス自然保護区。亜熱帯の砂漠と肌寒い海岸が出会う場所で、南太平洋の青緑色の波がレッドビーチの赤い砂浜に打ち寄せる。(PHOTOGRAPH BY MERRYN THOMAS, ALAMY STOCK PHOTO)

  • 約300万年前に形成されたチチカカ湖のボリビア領に浮かぶ太陽の島。インカ帝国の遺跡が点在する。(PHOTOGRAPH BY SL_PHOTOGRAPHY/GETTY IMAGES)

  • スリナムのブラウンズバーグ自然保護区。1500種以上の植物が高原の斜面を覆う。(PHOTOGRAPH BY CAGAN H. SEKERCIOGLU, NAT GEO IMAGE COLLECTION)

この写真の記事

 ブラジル、エクアドル、チリ、スリナム……南米大陸の自然は多様性に富み、自然のものとは信じられない景観で私たちを楽しませてくれる。

 この大陸だからこそ見られる絶景を紹介しよう。

文=JAMIE DITARANTO/訳=米井香織

おすすめ関連書籍

いちばん美しい世界の絶景遺産(ナショナル ジオグラフィック)

世界の美しい場所は、ずっと見ていられる。唯一無二の美しい場所を手元においていつでも眺めよう。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,200円(税込)