• 画家フリードリヒ・シュタールが表紙を描いたドイツの雑誌『モデルネ・クンスト』。人形につけたひもを手に、クリスマスツリーのそばに立つ若い女性が描かれている。(FRIEDRICH STAHL/DE AGOSTINI PICTURE LIBRARY, BRIDGEMAN IMAGES)

  • ロンドンのにぎやかな夜を描いたイラスト。クリスマスの買い物客が、ツリーやプレゼントを買おうとおもちゃの特売に押し寄せている。クリスマスは宗教的な起源を持つが、今ではますます世俗的、商業的な休日になっている。

  • クリスマスの象徴であるヒイラギの枝とその特徴的な赤い実が描かれたファミリー用のクリスマスカード。カードの交換は多くの家庭でクリスマスの伝統となっている。

  • クリスマス定番の場面が描かれたクリスマスカードの表紙。サンタクロースはおもちゃを届けるために煙突を降り、ソリを引くトナカイたちは屋根の上でサンタを待っている。(BRIDGEMAN IMAGES)

この写真の記事

 12月25日には世界中の人々がイエス・キリストの誕生を祝う。その理由と、クリスマスツリーやサンタクロースなど、クリスマスを象徴するシンボルの歴史を紹介する。

文=ERIN BLAKEMORE/訳=北村京子

おすすめ関連書籍

聖書の50人

語り継がれる神と人間の物語

旧約聖書と新約聖書に登場する、ユダヤ教およびキリスト教の主要な人物を取り上げ、その生い立ちや行跡を紹介する。 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:1,540円(税込)

おすすめ関連書籍

聖母マリア 聖書と遺物から読み解く

世界で愛される聖母マリア、謎多き生涯に迫る。新約聖書における記述はわずかであるにもかかわらず、広く崇敬を集めるに至ったのはなぜか。

定価:1,540円(税込)