• オリッサ州に住む少数民族マリ族の美意識は、独特のサリーの着方や入れ墨や鼻ピアスに表れている。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • マリーゴールドの花を手摘みで収穫する女性。ヒンドゥー教の儀式には欠かせない花だ。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • ラダック地方に住む「花の民」ドクパ族の女性は、季節の花々を頭に飾り付ける習慣を持つ。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • 小麦畑の草刈りを行う女性。鮮やかな赤いサリーを着て、日々の農作業を行っていた。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • カラフルな民族衣装を着てレンガ工場で働くガラシア族の女性たち。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • オリッサ州の女性が木槌を振るって畑を耕していた。腕力と根気が必要な重労働だが、表情は明るかった。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • 真っ赤に熟したトウガラシを収穫するガラシア族の女性。インド料理の辛さの源がここにある。(Photograph by Masashi Mitsui)

  • ラジャスタン州の麦畑で働く女性。入れ墨を入れた腕に白い腕輪をつけるのが伝統のスタイルだ。(Photograph by Masashi Mitsui)

この写真の記事

アジアの小さな村を旅してまわり、人々とふれあいながら撮影を続ける写真家の三井昌志さん。最新の写真集『Colorful Life 幸せな色を探して』から、鮮やかな色をまとうインドの女性たちの写真8点を紹介する。

文・写真=三井昌志(写真家)

おすすめ関連書籍

Colorful Life 幸せな色を探して

旅する写真家は知っている。笑顔で暮らす日々には、鮮やかな色が満ちている。 〔日本版25周年記念出版〕 〔全国学校図書館協議会選定図書〕

定価:2,420円(税込)