• 「地獄の門」は、天然ガスが燃え続ける大穴。数十年前から燃え続けている。(PHOTOGRAPH BY GEORGE KOUROUNIS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • インドネシア、東ジャワ州のイジェン山。硫黄ガスの炎が斜面を流れている。(PHOTOGRAPH BY SUTANTA ADITYA, BARCROFT MEDIA, GETTY IMAGES)

  • イジェン山の青い炎。空気に触れた硫黄が発火し、美しい青の光が溶岩のように流れ落ちる。(PHOTOGRAPH BY SONNY TUMBELAKA, AFP, GETTY IMAGES)

  • イジェン山で硫黄を採掘する労働者。(PHOTOGRAPH BY ANDIA, UIG, GETTY IMAGES)

  • タンザニアのナトロン湖。藍藻によって赤く染まったアルカリ性の塩で覆われている。絶滅の危機にひんするコフラミンゴの繁殖地でもある。(PHOTOGRAPH BY NATURE PICTURE LIBRARY, ALAMY)

  • 南極にある「血の滝」。このような色をしている本当の原因は、ごく最近まで不明だった。(PHOTOGRAPH BY AURORA PHOTOS, ALAMY)

  • 米国ワシントン州にあるドライ・フォールズ。かつてはナイアガラの滝をも凌ぐ世界最大の滝だった。(PHOTOGRAPH BY JOHN ELK III, ALAMY)

  • 巨大結晶の洞窟。探検家が小さく見えるほど巨大なセレナイトの柱が洞窟内を貫いている。(PHOTOGRAPH BY CARSTEN PETER, SPELEORESEARCH & FILMS, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)

  • ベネズエラ、カタトゥンボ川がマラカイボ湖に流れ込む地域は、地球上で最も雷が多い場所だ。(PHOTOGRAPH BY JORGE SILVA, REUTERS)

  • 米国イエローストーン国立公園のグランド・プリズマティック・スプリング。驚異的な虹色は、過酷な環境に暮らすバクテリアがつくり出したものだ。(PHOTOGRAPH BY FRANS LANTING, NATIONAL GEOGRAPHIC CREATIVE)