「小さなシベリア鉄道」の愛称を持ち、イタリア、アブルッツォ州の山岳地帯を走るスルモーナ=カルピーノ線。旅行者は時の流れを遡り、19世紀の統一されたばかりの古き良きイタリアの姿を垣間見ることができる。

文、写真=Chiara Negrello/訳=三枝小夜子