• アカトマトガエル
    マダガスカルに生息する鮮やかな色のアカトマトガエルはペットとして人気だが、近危急種に指定されている。野生環境で捕獲されたトマトガエルの販売が規制されたことによって、個体数は回復したが、水質汚染は依然として大きな問題になっている。米ネブラスカ州のリンカーン子供動物園で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • パナマゴールデンフロッグ
    パナマのシンボルでもあるパナマゴールデンフロッグは、野生環境では絶滅したと考えられている。しかし、多くの動物園に飼育施設があり、野生に返すために個体数を増やす取り組みが続けられている。写真の2匹は、米テキサス州のエル・バレ両生類保護センターで撮影したもの。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

  • レムールネコメガエル
    コスタリカとパナマ原産のレムールネコメガエルは、ツボカビの影響により、ここ10年間で80%減少した。現在は、IUCNによって近絶滅種に指定されている。米ジョージア州アトランタ植物園で撮影。(PHOTOGRAPH BY JOEL SARTORE, NATIONAL GEOGRAPHIC PHOTO ARK)

この写真の記事

おすすめ関連書籍

PHOTO ARK 動物の箱舟

絶滅から動物を守る撮影プロジェクト。
世界の動物園・保護施設で飼育されている生物を
すべて一人で撮影しようという壮大な挑戦!

定価:本体3600円+税

文=Austa Somvichian-Clausen/写真=Joel Sartore/訳=鈴木和博